So-net無料ブログ作成

後期第10節 アルテ高崎 [監督から]

vsアルテ高崎

今節は久々のJFL。9月6日(vsファジアーノ岡山)以来で、天皇杯を挟んだ大事な一戦でした。
アルテには前期1-2と負けており、内容も悪く攻守の切り替えが遅く、相手にスペースを与え、
守備が後手後手になり、開幕から13試合勝利の無かった相手に初勝利をプレゼントしてしま
いました。

天皇杯の2回戦で流通経済大に苦しみながらも勝利したことで、個人とチームが成長し、
良い形でこの試合を向かえることができました。

試合開始早々1分、裏に抜け出した8.本多が飛び出してきた相手GKより少し先にボールに触り、
GKの体に当たったボールが10.高野の目の前にこぼれ、10.高野が冷静にゴール左隅に決め
先制点をゲット!

幸先の良い立ち上がりでしたが、アルテのパワープレーにてこずるソニー。
徹底的にパワープレーを仕掛けてきたアルテに対し、いつものワイドにつなぐサッカーができなかった。
(浜川競技場は、ピッチの縦の長さが5メートルくらい狭い陸上競技場で、アルテの作戦にマッチした
競技場でした。)

相手の浅い最終ラインを何度も突破しようと試みるが、単発的な攻撃になりオフサイドにかなり
引っ掛かった。1試合でオフサイド13は結構掛かりすぎかな・・・

そんな中、絶妙のタイミングで裏に抜け出した10.高野。1点目の時と同じように飛び出してきた
GKにシュートが当たり、こぼれ球を4.瀬田が確実に決め2点目。

その2分後、CKから1点を返され前半終了。

後半に入り、アルテが前半のような蹴りこむサッカーをしてこなかったので、ソニーがやりたい展開
になった。
55分、角度の無いところから19.麻生がサイドネットにゴールを決め3点目。
66分、6.桐田⇒10.高野と繋がったパスを、8.本多が決め4点目。
76分、11.石原のクロスを、6.桐田がヘディングで折り返し、フリーの22.雅人がワントラップして練習通り
のシュートで5点目。
80分、6.桐田⇒26.天羽で左サイドを崩し、10.高野が相手をかわしシュート!6点目。
その後、1点を取られたが後半は練習通りのサッカーが出来たと思う。

これで後期4勝3敗3分と勝ち星を1つ増やし、残り7試合はトーナメント戦の気持ちで戦いたい。

来週は、待ちに待った天皇杯!!
J2のセレッソ大阪との一戦です。

Jチームと真剣勝負ができる機会は、この天皇杯だけなので、何が起こるか分からないのがサッカーの
醍醐味です。自分たちのサッカーを信じ、楽しんでプレーし、毎年波乱が起こる天皇杯でソニー旋風を
巻き起こしたい。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 1

みつし

☆長居、応援に行きますよ!
   久しぶりにソニー・ユニ着ます!!

☆セレッソ、メンバーをいじるかもしれませんが、
   直近の横浜FC戦では、
   若いのが積極的にシュートを打ちたがっていたので、
   愚直にしぶとく積極的に攻め、積極的に守ってください!!
   振り切られそうでも、1人目がしつこくしつこく、
   &2人目、3人目の団結で。
by みつし (2008-10-08 22:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。