So-net無料ブログ作成

前期第12節 ガイナーレ鳥取 [監督から]

vs ガイナーレ鳥取

今日の一戦は混戦のJFLで上位争いに踏みとどまる重要な戦いでした。
2連敗しているものの、前節の敗戦で重要な”何か”を感じとった選手たちの底力に期待していました。

流通経済大戦の後半の勢いをそのまま出したかったので、8.本多、9.純平を先発メンバーとし、
怪我の1.進に代わり、今季初出場の21.達夫をGKとした布陣で挑みました。

開始早々4分、右サイドでソニーのスローイン。
9.純平の頭脳プレーから、6.桐田がゴール前で頭であわせ、先制点。

このままの勢いでダメ押しをしたかったが、さすが首位のガイナーレ。
9分。ハメドからのクロスを阿部に決められ同点とされる。

しかし、集中していたソニーは、これに動揺することなく、リズムを掴むために攻守ともにボールへ集中
していた。前線の選手が長い距離を走り、守備では素早いアプローチでハードワークをしていた。

さすがに、45分間ハードワークを続けることは難しく、時々、アプローチが遅れたり、寄せきれずに
サイドチェンジされ、後手を踏む場面はあったが、冷静に対応し決定機は与えなかったと思う。

そんな中、9.純平の左足一発が試合の流れを大きく変えました。
(今季初得点は、左足のミドルシュートでした)

そのまま前半終了。

後半もハードな試合になると思うが、前半同様集中力を切らさないようにピッチに送り出しました。

一進一退の攻防が続くが、今日のソニーは守備の集中力はすごかったと思う。
守備が良ければ、攻撃時の勢いも増し、良い内容の試合でした。

59分には、右CKから今季3得点目となる20.隼人のゴールで3-1と引き離す。

8.本多→24.泉、6.桐田→26.天羽、と勢いのある前線の選手を入れ、再度、相手にプレッシャーを掛けました。
まだまだ行けたと思うが9.純平に代わり5.亀を投入。5.亀の守備力で、サイドへのアプローチを強化しました。

最後まで、集中したプレーを続けたことで、3-1で勝利することが出来ました。

今日は全員が集中し、攻守ともにアグレッシブなサッカーを90分間出来たと思う。

21.達夫もしばらく公式戦から遠ざかっていましたが、冷静にプレーし、危なげない内容で本人も自信が
ついたと思う。

次節は、Honda FC戦です。
どこが相手でも、自分たちから仕掛けるアグレッシブなサッカーをしたいと思います。
守備でも攻撃的に、攻撃はより攻撃的に、チーム一丸となってハードワークしたいと思います。

PS
今日は、昨季で現役引退した石原さんが、栃木県から応援に来てくれました。
今は、離れた地でチームを見守ってくれてます。(ありがとう!)
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 1

rei

勝利おめでとうございます!
次の試合も期待しています。

瀬田くんはケガですか?
by rei (2009-06-01 00:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。