So-net無料ブログ作成

後期第16節 松本山雅FC [監督から]

vs 松本山雅FC

16日の天皇杯でJ1アルビレックス新潟を破り、勢いに乗る松本を迎えてのHOME戦。
15日にはJFLで4位以内になればJ2昇格の条件も整い、モチベーションが高いのは当然。

そんな松本と対戦するには、気持ちで圧倒されないように立ち上がりから守備の意識を
高く持ち、アグレッシブに試合に入りたかった。

しかし、立ち上がり5分に連係ミスから失点を許してしまった。
やはり早い時間帯での失点は、チームのプランを狂わしてしまうし、選手の焦りにも
つながるので、一番注意しなければいけないと思う。

その後、松本にゲームの主導権を握られるものの決定的な場面は与えず、
反撃のチャンスを伺うソニー。

前半は0-1で終了。

後半も立ち上がりが大切なことを選手に伝えるとともに、次の得点が大切なことも伝えました。

後半の入り方事態は悪くなかったと思うが、前節も2失点をしたセットプレーでまたしても
失点を許してしまう。

10.泉、11.太郎、13.慎之佑を投入し、巻き返しを図ろうとした。
選手も諦めずに、松本ゴールを目指し、アグレッシブにプレーし、何度か決定的な場面を
つくるも決定力に欠けゴールならず、そのまま0-2で終了してしまった。

決定機をモノにするか、しないかで試合の結果は大きく変わる。
内容が悪くても、シュート数が少なくても試合に勝つことはある。

プレー内容にしてもイージーなミスを少なくすることが勝利への近道だ。
接戦で緊迫した試合になればなるほど、ミスを犯したチームが敗れる。

精神的に追い込まれた時、頼りになるのは自分しかいない。
その自分を信じる為には、日頃の練習でしか獲得することができない。
特にサッカーはボールを足で扱うスポーツなので、技術の正確性はプレーの質に
大きく左右される。

残り試合も4試合となり、精神的にも厳しい状態が続くが、
最後は自分を信じて前に進めるかだと思う。

最後まで諦めずに「残留」を目指します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。