So-net無料ブログ作成
検索選択

前期第3節 FC琉球 [監督から]

vs FC琉球

対戦相手のFC琉球のここまでの戦績は、強豪チーム相手に1勝1分。
チームの調子さが伺える。

ソニーも毎試合苦しい試合内容だが、何とか勝ち点を稼いでいる。
悪いながらも負けない強さみたいなものを感じる。

今節も悪いながらも1-0で勝てたことは、非常に大きい。


琉球には、元ベガルタ仙台でプレーしていた選手が数名おり、
その選手のモチベーションは相当高かったと思う。

勢いやモチベーションの高い相手と対戦する場合、受け身になるとやられてします。
逆に、その勢いを潰すために、出させないために、先手必勝で仕掛けることが大事!

そのことは、選手自身も十分理解して試合に臨んだと思う。
試合内容こそ、まだまだ満足の行く内容にはなってないが、精神的な成長が伺える。

キックオフ直後の入り方は、非常に良かったと思うが、思った以上に相手がソニーの
攻撃を警戒し、DFの背後のスペースを消しに来た。

そうなると中盤のスペースが広くなるため、リズミカルな攻撃ができると思っていたが、
ロングフィードの意識が強すぎて、逆にリズムがつかめなかった。

自分たちのプラン通りに試合が運ばないときがある。
相手がいるスポーツなので、相手の出方によってその逆をつく必要がある。

相手が引いて守っているのに、そこに走りこんでも、ボールを出しても、相手の思うつぼで
DFにはじきかいされてしまう。

じゃぁどうすればいいか?
それを試合中に考えれる選手が、流れを読める、一流選手だと思う。

横浜FMの木村監督が選手に「ちゃぶる」という言葉をキーワードに、「はぐらかす」「翻弄する」
「遊びを入れる」ということを浸透させようとしている。

サッカーとは、ゴールを奪う。ゴールを守るということが目的のスポーツで、実力差がある場合は
問題ないが、実力差が拮抗しているチーム同士の対戦の場合、相手の裏、逆をいかについていくかが
勝敗を大きく分ける。

そう考えると、相手が対策を練って引いて守るのに対して、これでもかってそこを狙っても
成功する確率は極端に低くなる。

ちょっと長くなりましたが、そういった駆け引きを楽しんでほしい。

両チームとも決定機を作り出せないまま、後半に入り、どうしても1点を奪いたかったので、
63分 8.本多に代え、17.剛志を投入。
75分 11.多門に代え、24.泉を投入。

相手もゴールを目指し、多少前がかりになった攻撃で、4.瀬田がパスカットし、17.剛志につなぐ。
17.剛志がドリブルで相手DFをかわし、左足でシュート
ここ一発の17.剛志の勝負強さは素晴らしい。

この1点を守り切り、勝利!
選手自身ももっと出来たのに、何が悪かったのかな??って感じだと思う。
プレッシャーもそんなに感じなかったと思うが、「ちゃぶり」がなかったのが原因かな!

もっともっと落ち着いてやれば、もっといい試合が出来ると思うし、まだ、試合勘が戻っていないのか
前に、受けることに焦っているように感じる。

自分たちを信じて、楽しむことが大切だとあらためて思った試合でした。


ホーム初勝利だったので、初めての勝利ソングをサポーターを歌うことができました。
もっともっと歌えるように頑張ります。

次節は、流通経済大学戦です。
昨年も足元をすくわれているチームなので、気を引き締めて準備します。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

前期第2節 松本山雅FC [監督から]

vs松本山雅FC

2010シーズンの開幕戦を引き分けという形でスタートしたソニー
今節何としても勝ち点3を取り、チームに落ち着きと勢いをもたらしたかった。

対戦相手は、前節に引き続き昇格チームの松本山雅FC。
昨年は、天皇杯でJ1浦和レッズを破り、今年は昇格1年目にして
準加盟登録をし、4位以内の結果を残すのみの勢いのあるチームです。

監督の吉澤さんは、現役時代HondaFCの選手として活躍し、
私も何度も対戦しましたが、気持ちの熱い素晴らしいサイドバックでした。

前日までの天気予報では、雨と風で悪天候が予想されましたが、
時折小雨(雪)が降る程度で雨は大丈夫でしたが、風がすごかった!

会場のアルウィンスタジアムも我々のホームスタジアム「ユアスタ」「七ヶ浜」と
同様に素晴らしいスタジアムです。
サポーターの入場の関係上、HOMEとAWAYが位置関係が逆になっている)

松本山雅にとっては、ホーム開幕戦となる注目の一戦です。
(NHKも生中継。夜はテレビCMも流れてました)
スタジアムには5,496人の大サポーターが詰め掛け、完全AWAYな緊張感ある
試合前でした。

ソニーサポーターも仙台から駆けつけ、数名ではあるが山雅サポーターに
負けないくらいの声援を送ってくれた。(遠いところありがとうございました)

前節のスタメンから24.泉に代え、9.純平をスタートから使用しました。
前線での運動量と高さが持ち味の9.純平で、キックオフ直後から攻撃的に
しかけ主導権を握りたかった。

その作戦が見事にはまり、開始7分、26.天羽からのクロスで9.純平が相手DFに
抱え込まれるようにして倒れ、PKをゲット!

それを27.修平が落ち着いて見事に決め先制点を奪うことができた。

しかし、山雅もFWのポストプレーやサイドの崩しも上手く、個々のレベルは
相当に高いものがありました。

攻撃の方は、まだまだしっくりきていないように感じる。
テンポ良く、ボールは回るときもあるが、ダイレクトプレーが多く、少し早い
攻め急ぎを感じる。勝負どころと、落ち着かせるところのメリハリが必要だと思う。

相手にもビッグチャンスがあった。裏に抜け出したFWが1.進より少し先にボールを
さわり、無人のゴールにボールが吸い込まれそうになったが、カバーに入っていた
25.洋平がなんとかクリアし前半最大の危機を脱すことができた。

後半に入ると、山雅サポーターの声援に後押しされるように、選手の勢いが
増してきて、防戦一方のソニー。

ボールを奪いたいがスルリと交わされ、クロスを入れられる。
なんとかDF陣が中央で体を張って、ブロックはしていたが我慢する時間帯が続いた。

中盤の守備を多少修正し、相手の勢いを少し抑えることができたとっころから、
徐々にソニーの攻撃にも動きが見えてきた。

そんな中、右サイドで11.多聞→16.今田と繋がったボールを、7.大瀧が受け、
ちょっと距離はあったがミドルシュートを打つと、ゴールに吸い込まれるようにネットを
突き刺した。(ボールの軌道も、コースも最高のシュートだった!)

苦しい時間帯の追加点に勢いを吹き返したソニーと、離された山雅では精神的な
部分でだいぶ差があったと思う。
でも、最後まで諦めずにゴール狙う姿勢はさすが!っと思った。

結果、2-0で勝利することができたが、どちらに転んでもおかしくない厳しい試合でした。
シュート数でも分かるように、ソニー9本に対し、山雅22本と苦しい展開だったことが
数字を見ても分かる。

苦しい試合でも勝利することができたことは、選手にとってもチームにとっても
自信に繋がると思う。

次節は、ホームでFC琉球戦です。
開幕戦のHonda戦にも勝利し、前節のガイナーレ戦も引き分けとチームは手ごたえを
感じていると思うので、ソニーもしっかり準備をして勝ち点を奪いたいと思います。

PS:
今シーズンより勝利したときの歌が出来ました。
サポーターの皆さんが考えてくれた歌です。
次節、ホームでみんなで歌いましょう。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

10シーズン 前期第1節 栃木ウーヴァFC [監督から]

vs栃木ウーヴァFC

いよいよ2010年シーズンが開幕しました。
昨年は、JFL昇格11年目にして、過去最高成績の3位入賞を果たすことができました。
皆さんの熱い声援が選手に力を与えてくれました。ありがとうございます。

今年のチーム目標はズバリ「優勝」です。

昨年以上に厳しい戦いになるのは必至です。
各チームの戦力補強を見ても、どこも相当に力が入っています。
準加盟の4チームは当然、4位以内確保を目指し、死に物狂いで勝負にこだわってくると思うし、
その他の企業チーム、クラブチームも気の抜けない戦いになると思う。
流経大も昨年までと違って、通年で選手登録をしているので、入れ替わりは少なくなるが
良いチームを作ってくると思う。



開幕戦の相手は、昇格組の栃木ウーヴァFCでした。
今までの傾向を見ても、昇格チームは勢いがあり、番狂わせを起こしているので、
この一戦の入り方は非常に慎重になりました。
(チーム情報もないので・・・)

また、ウーヴァには昨年までJ2栃木SCに在籍していた選手が数名おり、昇格チームとは
いっても実力的には侮れない相手です。

相手を格下に見て受身にだけはなってほしくなかったので、ミーティングではチャレンジャー
の気持ちを持ち攻守両面でアグレッシブにプレーしてほしいと伝えました。
ロッカールームでは、落ち着いているように見えた選手達も、さすがに開幕戦ということもあり
硬さが見えました。

ゲームの入り方は良かったが、硬さからかソニーらしいリズミカルなボール回しが出来てなかった。
逆に、得点を急いでいるように見え、一発狙いのスルーパスや、無理な中央突破が目立った。

ウーヴァもソニーの攻撃を意識しすぎて単調な試合運びだったので良かったが、もう少し
相手を左右に振り回してボディブローのような揺さぶりをしたかった。

後半に入っても、両チームとも一進一退の攻防が続くが得点までは遠かった。

試合が膠着してきたので、
72分に24.泉に代え、9.純平を投入。
80分に11.多聞に代え、17.剛志を投入。

どうしても勝ちたかった選手たちの焦りは、逆にウーヴァにカウンターというチャンスを与えていた。
前がかりになりすぎて、後ろが2vs2の状況になったり、結構長い距離を走らされたと思う。

結局、開幕戦は0-0の引き分け

DF陣の頑張りもあり、無失点で試合を終えることが出来たが、流れ的には負けパターンのような
試合展開でした。

本当に開幕戦の戦い方、また昇格チームとの戦いは難しかった。

今日の試合で、課題や修正点が見つかったし、今はまだチームとしてしっくり来てないと
選手自身も感じていると思うので、徐々に修正していきたい。

悲願のJFL優勝を勝ち取るためには、一試合一試合、課題を克服し、成長するチームを作り上げたい。

次節も昇格組で準加盟チームの松本山雅FCです。
山雅のホーム開幕戦なので、1万人以上の観客がくると思いますが、戦う気持ちを前面に出し、
アグレッシブなサッカーをしてきます。



Three GOAL
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/threegoal/

走れ!!ソニー仙台FC
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/snsendai/



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。