So-net無料ブログ作成
検索選択

前期第13節 ガイナーレ鳥取 [監督から]

vs ガイナーレ鳥取

あと一歩のところで、勝利を逃してしまった。
全員が勝利に向かって集中していたが、守りきれずに引き分けに終わった。
残念。

首位ガイナーレをホーム七ヶ浜に向かえ、気合十分だったソニー
今年のガイナーレは、未だ無敗。
守備の組織は、6.服部、32.喜多のベテラン選手を中心に、ここまでリーグ最小失点6。
ここまでの戦いを見ても、90分間できっちり仕事をしてくる大人のサッカーを仕掛けてくる。

首位をキープしている要因として、「勝負強さ」が挙げられる。
引き分けを勝ちに持っていったり、負けを引き分けに持ち込んだりと、勢いのあるチームは
90分間最後まで諦めずに、ぎりぎりのところで得点を引き寄せる力を持っている。

そんな首位ガイナーレを相手に、初黒星を献上しようと立ち向かったソニー。
開始早々から全員が集中し、攻守ともに良い立ち上がりを見せる。

すると11分。
右サイドで相手DFの裏に抜け出した24.泉からのパスに、中央の6.桐田がシュート
一度は失敗したものの、こぼれ球をもう一度6.桐田が拾い、冷静に右足でシュート。
大事な試合で先制点を奪うことが出来た。

ガイナーレも個人技を生かした攻撃を仕掛けてくるが、全員が守備の意識を高く持ち
これに応戦する。

何度か危ない場面はあったが、集中を切らさないソニー。
前半は、1点リードで折り返す。

後半に入り、ガイナーレの攻撃陣が猛攻を仕掛けてくる。
押し込まれながらも、我慢の時間が続くソニー。

前がかりなガイナーレに対し、前線で起点を作りたかったので、63分に6.桐田に代え、11.多聞を投入。
70分には19.麻生に代え、9.純平を投入。

しかし、79分ついに同点に追いつかれてしまう。
右サイドからのクロスをヘディングシュートされ、31.大志が弾くも、不運にもポストにあたり、
跳ね返りを押し込まれ同点。

でも、今日は下を向くことなく、最後まで勝利を目指して戦ったと思う。
結局、1-1の同点のまま試合は終了。

勝ちを引き分けに持ち込まれるかたちとなったソニーだが、内容的には良い方向に向かっていると思う。
自分を信じ、自信を持つことが大切だ。

この引き分けを、勝ちに持ち込むためには、もう一歩何かをプラスしないといけない。

その一歩を見つけるために、明日からの練習で探して行きたい。

前期第12節 HondaFC [監督から]

vs HondaFC

前節の佐川印刷戦で、逆転負けはしたが内容的には良くなってきたソニー
4連敗となかなか結果はでないが、チーム状態は確実に上向いている。

今節のHondaとの一戦では、その勢いをもって全力でぶつかった。

あいにくの天候で、雨と強風。
しかし芝生は最高の状態だった。

Hondaは試合の入り方が物凄く上手いチームです。
過去にも、出鼻を挫かれ、先制点を奪われ、追う展開が多かった。

そんな経験から、選手たちの集中力はキックオフ直後から目を見張るものがあった。
全員がボールに集中し、相手との競り合い、ボールの奪い合いで気迫を見せてくれた。

前半は、攻守において一進一退の攻防が続く。
雨と強風の影響から、両チームともちょっとしたミスが目立ち、なかなか決定的なチャンスを作れない。

しかし、前半の戦い方は、安心して見ていられた内容だった。

後半に入ると、風が前半よりも強さを増し、風下のソニーにとってはやっかいな展開となった。

ゴールキックのボールが、風に流され、タッチラインを割ったり、押し返されたりと、
陣地挽回も出来ないくらい、苦しい展開でした。

でも、今日のソニーDF陣は、落ち着いて対応していたと思う。
焦れずに我慢し、しつこくボールと相手に喰らいついていた。

左サイドに張った選手に、多少てこづったが、3.数馬、16.今田を中心によく粘りのある守備をしたと思う。
また、中央の選手も25.洋平を中心に、5.ヤマ、4.瀬田がしっかりマークしてクロスを弾き返していた。

Hondaに押し込まれる時間帯が多かったため、流れと勢いを取り戻したかった。
68分に6.桐田に代え、11.多聞を投入。
74分に19.麻生に代え、9.純平を投入。
両選手ともやっと怪我から復帰し、フレッシュな気持ちでプレーしていたと思う。

本来は、攻撃での勢いを増そうと投入したはずが、やはり風の影響が強く、守備にまわる時間帯が続く。

4連敗中のソニーにとっては、勝利という結果は、喉から手が出るほど欲しい結果でしたが、
しかし、この悪い流れを断ち切るためには、失点0、勝ち点1が大きな意味を持つ。

大ジャンプするためには、ホップ、ステップが必要で、この引き分けが次に繋がる
価値ある引き分けであることは選手自身も十分承知していた。

苦しいながらも最後まで集中し、焦れずに守備をしてくれたと思う。

このAWAYでの引き分け(勝ち点1)は、非常に大きい価値ある引き分けだと思う。

次節は、HOMEで未だ無敗で首位のガイナーレ鳥取との一戦です。
今年のガイナーレは、守備が安定しており、失点が少なく、試合巧者で90分の戦い方を知ってるチームです。

ソニーの良い伝統に、「上位に強いソニー」と言われています。
この伝統を力にし、ガイナーレの初黒星をつけてやります。

今季初の七ヶ浜スタジアムです。
是非、たくさんの応援で、ソニー仙台FCの後押しをしてください。

前期第11節 佐川印刷SC [監督から]

vs 佐川印刷SC

今節の佐川印刷戦は、負けてしまったが今季戦った中で一番良かった試合でした。
立ち上がりから攻守にアグレッシブにプレーし、よく集中していたと思う。

開始14分。
4.瀬田→7.大瀧とパスが通り、ゴール前に詰めていた6.桐田が上手くあわせてシュート
久しぶりに先制点を奪う。

しかし。21分に一瞬の隙をつかれ、失点し同点となる。

でも、今日のソニーはその後も勢いがあった。
32分に6.桐田→2.尚樹とつながり、2.尚樹の鋭いクロスに、24.泉が頭であわせ2-1とする。
(2.尚樹も、24.泉も練習通りのクロスとゴール前の入りだった)

今日は、FWの動き出しも良かったし、中盤で落ち着いたポゼッションが出来ていたので、
前のスペースへ走り出す選手が多く目立った。(相手の守備はイヤだったと思う)

前半はこのまま2-1で折り返したかったソニーだったが、44分にPKを奪われてしまう。
主審のジャッジに文句を言ってもはじまらないのは分かっているが、厳しい判定だった。

一発レッドとPK。
状況的にレッドカードの判定は???

一進一退の攻防に水を差された感じだった。

PKを決められ、2-2で前半終了。

一人少なく後半を戦わなければいけないソニー。
守備のバランスを考え、いい動きをしていた24.泉に代えて、3.数馬を投入。

何とかバランスよく守りながら、カウンターセットプレーで一発を狙いたかった。

後半の入り方は、一人少ないことを感じさせない動きでみんな集中していた。

しかし、60分。
相手FKからのセットプレーで、ヘディングでクリアしたボールが相手に拾われ、
それをミドルシュートで綺麗に決められ逆転を許す。

何としても同点に、そして逆転するためにフレッシュな選手でチームに勢いを与えたかった。
70分に6.桐田に代え、17.剛志を投入。
82分には19.麻生に代え、23.三浦を投入。

一人少ないながらも全員が勝利へのこだわりを見せ、何度かゴールかと思わせるシーンを
作り出すが、ゴールが奪えず2-3で試合終了となった。

これで4連敗・・・

しかし、今日負けはしたが、内容的には満足しているし、選手の最後まで勝ちにこだわった
戦う気持ちに感謝している。

今、やっているプレーに自信を持ち、疑心暗鬼にならずに続ければ、必ずいい結果が出ると思う。

サッカーは勝つか、負けるかの勝負です。
内容が良くても負けるときはあるし、その逆もある。
ただ、内容がよければ次に繋がる。

自信を持って次に進みたい。

サポーターの皆さん、またソニー仙台FCを応援してくれてる皆さん。
結果がでない厳しい戦い続いてますが、選手は前向きにこの結果に向き合い、
この苦しい状況から抜け出そうと、明るく、もがき苦しんでいます。

この生みの苦しみが、必ず今後の戦いで生かされると思うので、もう少し待ってください。
必ず、皆さんと笑顔で勝利の歌を歌える日を勝ち取ります。

皆さんの熱い声援が選手の支えになってます。
これからも応援、よろしくお願いします。

前期第10節 ブラウブリッツ秋田 [監督から]

vs ブラウブリッツ秋田

結果がついてこない苦しい試合が続く・・・

流れも悪く、相手の初めての決定機で得点されたり、決定機がその失点シーン
しかないのに入れられたりと、悪い流れのときは、まず相手に先制点を許してしまう。

今節も開始3分で失点してしまった。
アンラッキーな部分もあったが、今の流れの悪さがモロに出てしまった失点だった。

今季新加入の5.ヤマが初先発しました。
初先発の相手が、秋田の大型2トップと迫力満点のマッチアップでしたが、まだまだ
改善する部分はありますが、全体を通しては善戦していたと思う。

前半を振り返ると、失点を喫してからバタバタした感じと、縦に急ぎ過ぎたり、前線の
運動量が少なかったりと、シュート数にも表れてますが、秋田が主導権を握った展開でした。

17.剛志が裏に抜け出しシュートを放つ惜しい場面もありましたが、逆に相手に押し込まれ
決定的な場面も何度か作られました。

後半に入り、やや前線の運動量は増えてきたものの、単純なミスや焦ってのミスが続き
なかなか決定機をつくれない。

66分。前線での運動量を増やし、裏への抜け出しに期待し、17.剛志に代え、6.桐田を投入。

するとオフサイドになってしまったが、4.瀬田→24.泉がシュート。
シュートミスになったが、6.大瀧→6.桐田とチャンスが増えてきた。

74分。22.雅人に代え、19.麻生を投入。
87分。24.泉に代え、23.三浦を投入。

最後の勝負に出ましたが、秋田の堅い守りを崩すことが出来ず0-1で3連敗となってしまった。

JFLはどのチームも力的には大差はないと思うが、気持ちの部分で負けたり、焦ったり、
単純なミスやちょっとしたミスを繰り返したチームが負けてしまう、そんな気の抜けないリーグです。

如何に1試合1試合、気持ちを切り替え、全力でポジティブな気持ちで試合に望めるかが
大きなポイントだと思う。

この状況はずっと続かないと思うし、選手ももがき苦しんでいる。
今はただ次のステップにジャンプするために、体を縮めている状態だと思う。

必ず明日は来るし、その時に向けてしっかり今やれることをやりたい。

まずは、自分が出来ることをしっかりやろう!

昨年からの継続テーマ「甘えの排除」をしっかり胸に刻み、自分に甘えず、なあなあな仲良し
クラブではなく、互いに厳しく愛情を持って切磋琢磨しよう。

前期第9節 V・ファーレン長崎 [監督から]

vs V・ファーレン長崎

シーズンに引き続き18.木村の故郷「石巻」での開催。
G.W.と温かい気候もあり、659人の観客が応援に来てくれました。

直近の戦績は、2敗2分と負け越しが続き、前節もMIOに敗れ、
何としても2連敗は避けたいそんな気持ちで望んだ一戦でした。

今季初出場の28.雅也、初スタメンの23.三浦、怪我明けの24.泉。
そしてもう一人。GKコーチ31.大志が今季初出場。

前半は、相手がボールを保持する時間帯が多かったが、じれることなく集中した
守備をしていたと思う。

初めに決定機を向かえたのはソニーでした。
相手のミスから裏に抜け出した17.剛志がGKと1対1になったが、ボールコントロール
ミスしてしまい、シュートまで行けずGKに阻止される。

24.泉や23.三浦のシュートもDF、GKの阻止され得点が遠い。

試合が進むにつれ、FWの単発な動きや、2トップの連動性が少ないプレーが目立ち、
オフサイドやロングボール主体となりリズムがつかめなくなった。


すると36分。
連続したCKから、2度目はショートでつながれ、クロスボールが逆サイドのポストに当たり、
その跳ね返りを頭で押し込まれ、今節のセットプレーからの失点を許してしまう。

前節、2点ともセットプレーからの失点で、今節に向けて修正したつもりだったが、
また同じことを繰り返してしまった。

前半はそのまま0-1で終了。

後半頭から23.三浦に代え、7.大瀧を投入。

すると開始4分。
7.大瀧からのフィードを相手GKとDFが譲り合う形となり、奪い取った17.剛志が冷静に決め
1-1と試合を振り出しに戻す。

その勢いのまま63分には、クイックのリスタートから7.大瀧→17.剛志とつなぎ、ゴール前に
つめていた16.今田が決め2-1と逆転する。

しかし、このとき選手達の心にちょっとした油断が出来たのか、1分後(64分)に簡単に
左サイドを破られ、PKを与えてしまう。

逆転に成功し、喜びもつかの間の失点に気落ちしてしまったのか、69分にも失点を許してしまい
2-3と引き離される。

最後まで諦めずに戦ったが、そのまま試合終了。

2連敗を喫してしまう。

サッカーには、魔の時間帯がある。
試合の初めと最後の時間帯、得点直後の時間帯、選手は今までの経験上十分分かっている
はずなのに得点を許してしまう。

相手との力が拮抗していればしているほど、ちょっとしたミス、油断が失点を生む。

ゲーム終了の笛がなるまで、何も手にしていないので、気持ちを切らさず集中しなければいけない。
(セットプレーでも同じことが言えると思う。)

負けはしたが、前節より戦う気持ちが前面に出た試合だったと思う。
次節は、この気持ちと勝利を結び付けたい。

厳しい戦いは続くが、もがき苦しみながら日々成長し、大きく飛躍できるよう頑張ります。

前期第8節 MIOびわこ草津 [監督から]

vs MIOびわこ草津

HPの更新が遅くなってすいませんでした。

MIO戦は、当日の朝に降った雨の影響で、ピッチに水溜りがあり、
また、強風の影響で難しいコンディションの試合となりました。

今節の多少メンバーを入替え、考えて戦える選手をピッチに送り出しました。

前半は、風上を取り勢いを持ってゲームの主導権を握りたかったが、
開始10分にちょっとした気の緩み、連携ミスによりセットプレーから失点してしまった。
(メンバーが変わったときは、特に注意しなければいけない。)

強風の影響も多少あったと思うが、ボールが収まらない、サポートが遅い、
時折、いい形になるもののシュートまで行けない。
そんな前半でした。

17.剛志のシュートもポストに嫌われ得点には繋がらず。

後半はじめから23.三浦を投入し、FWで起点を作りたかった。

しかし、またも後半9分(54分)セットプレー(スローイン)から失点を許してしまう。

2点とも、悪い時間帯での失点でした。
この得点で相手は非常に楽になったし、ソニーは苦しい展開となった。

57分に6.桐田に代え、7.大瀧を投入。

7.大瀧が入ったことで、中盤でのリズムとタメが出はじめ、23.三浦のポストプレーも生きてきた。

ただ、フィニッシュまで行かない。
最後の精度が低かったり、サイド攻撃で相手DFを崩すところまではいかなかった。

69分には、疲れに見えた17.剛志に代え、13.慎之佑を投入。

結局、0-2のまま試合終了。

前後半合わせて、シュート数3本と寂しい内容の試合となってしまいました。

選手は、一生懸命戦っていたと思いますが、ちょっとしたセットプレーでの気の緩みや
準備不足により失点を許してしまうことは、非常にもったいない。

したたかな相手になればなるほど、そこのちょっとした部分を突いてくる。

それから、サッカーはチームスポーツだが、個に大きく左右されるスポーツだ。
例えば、FWのポストプレーで多少厳しいボールも収めてくれるFWがいればチームはすごく
楽になるし、そこで奪われるFWだと形勢が不利になる。

SHでも多少相手のアプローチがきつくても、しっかりキープしてくれると助かるし、
それは、各ポジションでも同じことが言える。

それぞれがマッチアップする相手選手との戦いで勝つことが大前提で、そこから組織、
チームプレーへと発展すると思う。

圧倒的に力に差があれば問題ないが、拮抗した相手と戦う場合、相手との駆け引きが
重要になる。(実際、上手ければ上手いほど、その駆け引きも上手い!)

サッカーはミスのスポーツだが、ミスすることに慣れてはいけない。
ミスを減らすために、どうすればいいか考えなければいけない。

まずは、自分が出来ることからはじめたい。

G.W.中に中4日で試合はやってくる。
コンディション調整は非常に大切だが、PDCAを回すべく、試合での自分自身の課題を
改善するために、自分で出来ることからはじめよう。

連敗はリーグ戦を戦う上で、絶対避けなければいけない。
勝ち点を奪うために、全力で戦います。

次節は、5/4(火) 石巻での開催です。
当日は、G.W.で松島が込むと思うので、余裕を持って移動してください。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。