So-net無料ブログ作成
検索選択

前期第17節 ツエーゲン金沢 [監督から]

vs ツエーゲン金沢

前期最終節のツエーゲン金沢との一戦。
後期に向けて、巻き開始を狙うソニーにとっては、どうしても勝っていい流れで後期を迎えたい。

上位は飛びぬけた感じはあるが、まだまだ混戦状態で上位に食い込むことは十分可能だ。

ツエーゲンは、J経験者が多く、個々のスキルも高く、何と言っても元日本代表の久保選手が
在籍しているチームです。

キックオフ直後から、ツエーゲンの個人技をいかしたポゼッションに押し込まれる。
間、間で受けるポジショニングの上手さや、キープ力、おっ今日も厳しい試合になるなって感じました。

ソニーの選手は雨と固めのピッチのせいで、ボールコントロールに相当苦労していました。
ツエーゲンに主導権を握られてはいたものの、15分、左サイドの19.麻生のクロスに16.今田が
シュート!GKに弾かれるも、猛然とゴール前に走り込んだ2.尚樹がダイレクトシュート!!

これがゴールに突き刺さり、苦しい試合展開だったので貴重な先制点となった。
(ちなみに2.尚樹のゴールは2年ぶりのようです)

その後も、押し込まれる時間帯が続くが、何とか最後のところで踏ん張りゴールを与えない。

ソニーも7.大瀧からのスルーパスで、裏に抜け出した24.泉が決定的な場面を作り出したが、
相手DFの頑張りもあり、ゴールは奪えなかった。

前半は1-0のまま終了。

ハーフタイムでは、守備の修正をし、相手の特徴を出させないような指示でピッチに送り出しました。

このハーフタイムでの選手同士のやり取りを見ていると、本当に頼もしく、成長を感じる。
後半に向けた修正点を、自ら考え、コミュニケーションを取り、共有しあう。

そんな選手同士のやり取りを見ていると、主体性を持った、強い個の集団になってきたと実感した。

後半は、そんな守備の修正が功を奏し、相手にボールを持たれるシーンは多くなったが、
むやみに飛び込み、バランスを崩すことなく、全員が共有認識の下、いい守備ができていた。

逆に、相手が前へ前へと出てくるので、奪ったあとのカウンターチャンスが巡って来る。
カウンター攻撃でもう少し上手く、フィニッシュまで持っていくことが今後の課題のひとつとして感じた。

前半から前線の守備を献身的に行った2トップに疲労が見えてきたので、
78分、11.多聞に代え、6.桐田を投入。
87分、24.泉に代え、9.純平を投入し、再度、前線からの守備に圧力を加えた。

最後は、守備固めで7.大瀧に代え、26.天羽を投入し、きっちり守りきり試合終了。

苦しみながらも全員が集中力を切らさず、特に守備で焦れずに我慢し、やり続けたことが大きい。
25.洋平、4.瀬田を中心に、試合をやりながら感じ、考え、修正をしていく、それを全員でやり遂げる。

前期の苦戦は、間違いなく選手を成長させたと思う。



来週からすぐ後期ははじまる。
MIOには、痛い目にあっているので、絶対に勝ってリベンジしたい。


PS:
雨の中、応援に駆けつけていただいた、グループ会社の皆さん、本当にありがとうございました。
皆さんの熱い応援のおかげで勝つことができました。
仙台と金沢で遠く離れていますが、これからも温かく見守っていてください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

前期第16節 SAGAWA SHIGAFC [監督から]

vs SAGAWA SHIGA

今節の対戦相手は、現在2位と好調のSAGAWAです。
ここまで1敗しかしておらず、前節は、首位のガイナーレ相手に4-1と
圧倒的な強さを見せ勝利しました。

攻守における運動量は、SAGAWAのストロングポイントで全員がハードワーク
できる素晴らしいチームです。

そんなSAGAWA相手ですが、我々も負けるわけにはいきません。
試合前のMtgでは、全員がハードワークすることと、長身FWを中心に、裏のスペースに
走りこむ攻撃に対して、十分ケアするように共有しました。

キックオフ直後は、相手に押し込まれる部分もありましたが、徐々にソニーの持ち味である
リズムよいポゼッションがでてきました。

すると10分。
左サイドに流れた11.多聞のクロスを、相手DFがクリアミスし、こぼれ球を拾った
7.大瀧が冷静にゴール隅に流し込み、先制点を奪う。

その後も、何度か惜しい場面は作るも追加点は奪えなかった。

一方、SAGAWAも2列目からの飛び出しから、バーを直撃するシュートを放つがゴールならず。

16分。
オフサイドの判定が曖昧になり、2列目から走り込んだ相手にファールを与えてしまった。
PKを取られ、1-1と同点となる。

審判の笛が鳴るまでプレーするということは、よく言われるが、オフサイドの選手が一瞬でも
ボールを追い、目の前の線審がフラッグを上げれば、ボールに関与したと判断し、
反射的に止まってしまうのは当然の判断だと思う。(やりきれない思いだ)

しかし、そんな判定にも乱れることなく、冷静にその後のゲームを進めた選手は素晴らしい。

前半は、一進一退の攻防が続き、いい内容の試合だった。

後半に入っても、前半同様一進一退の気の抜けない攻防が続き、
両チームとも追加点が奪えないまま、時間だけが過ぎていく。

ソニーも何度かCKやフリーキックでゴールを狙うが決まらない。
19.麻生の絶妙なクロスも、あと1歩で16.今田にあわない。

何とか得点を奪いたくて、76分に24.泉に代え、9.純平を投入。
85分に11.多聞に代え、6.桐田を投入し、運動量と高さを期待した。

最後まで、ゴールを目指し全力を尽くしたが、ゴールを奪えず試合終了。
最後の最後で、相手に決定的な場面が訪れ、やられたと思った瞬間21.達夫が2度続けて
ファインセーブで防ぎ守りきった。

試合は引き分けと、内容からすると悔しい残念な結果となったが、今後の戦いに向けて
自信を持てる試合だったと思う。

どんな相手でも、今日のような試合が続けれれば、必ず結果はついてくると思う。

次節で前期が終了しますが、何としても勝利で飾り、後期に向けて弾みをつけたいと思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

前期第15節 横河武蔵野FC [監督から]

vs 横河武蔵野FC

前節、約2ヶ月ぶりの勝利をおさめ、今節もその勢いを維持しつつ勝ち点を奪いたかった。

横河は、攻守ともに安定感のあるチームで、厳しい試合になることは想定内。
また、キックオフ時の気温が28℃と、仙台との気温差が、別な意味で脅威だった。

キックオフ直後から、勢いのある攻撃を見せる横河。
その一瞬の隙をつかれ、決定的な場面を作られるが、相手のミスによりゴールならず。
(かなり危ない場面だった)

ソニーも、前線の運動量とサイド攻撃で、攻撃の糸口を探る。
何度か右サイドからクロスを上げるも、あと一歩のところでゴールが遠い。

この試合のポイントが、攻守におけるポジショニングのバランスでした。
前線が若干前がかりなポジションを取っていたため、守備に回ったときに、ボランチの
両サイドのスペースを使われ、なかなか主導権を握れなかった。

前半は、何とか0-0で折り返す。

後半に入り、すぐの50分。
ゴール前正面でフリーキックを与えてしまう。

このシュートは相手選手褒めるしかない、素晴らしいシュートでした。
無回転シュートで、コースもスピードも文句なしのゴールでした。

1点ビハインドのソニー。
まだまだ時間があったので、焦らずに横河ゴールを目指した。

69分に6.桐田に代え、17.剛志を投入。
76分に24.泉に代え、9.純平を投入し、高さとスピードでゴールを目指す。

選手交代によって勢いに乗ったソニーだったが、横河ゴールを割ることは出来なかった。
何度か、行ったかーと思わせる場面を作るも、ゴールを割れない。

結局0-1のまま試合終了。

この試合は、選手は全力で非常に良く戦ったと思う。
終始、攻守のバランスがしっくり来なかった感じはあるが、25.洋平、4.瀬田を中心に
まとまってゲームコントロールしてくれたと思う。

この状況を把握しながらも、変化の一手を打つことが出来なかった、
私の力不足が一番の原因です。

敗れはしたが、下を向く内容の試合ではなかったので、次の試合に向けていい準備をします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

前期第14節 町田ゼルビア [監督から]

vs 町田ゼルビア

やっとモヤモヤした長い長いトンネルを抜け出すことができた。
今日の選手は、本気の戦う気持ちと素晴らしい成長を見せてくれた一戦だったと思う。

ここ2節は、内容的にはいい試合をしていたが、引き分けと結果がついてきていなかったが、
チームは確実に手ごたえを感じていました。

その自信をピッチで表現してくれた選手に感謝したい。(ありがとう)

対戦相手の町田ゼルビアは、現在3位ではあるが、ここ直近の試合結果は1勝4敗と
開幕直後の勢いはない。

しかし、強力2トップと攻撃の迫力が売りのゼルビアは、怖さがあり、
乗せると手がつけられない、そんなチームです。

前半は、風上のゼルビアが試合を押し気味に進め、動き出しの早い2トップの駆け引きと、
縦への素早いフィードで、試合展開が目まぐるしく速かった。

そのゼルビアの早いテンポにつられ、ソニーの攻撃も縦に早くなってしまい、
自分達のリズムでポゼッションが出来なかった。

ただ、全員が守備の意識が高く、集中力を切らさず、いい守備ができていたので、
後半に向けた手ごたえは感じていた。

後半に入り、若干運動量が落ちたゼルビアではあったが、常に2トップがソニーディフェンス
背後を狙っており、一瞬でも気を抜くことはできなかった。

前半はゼルビアのテンポにつられていた攻撃は、後半に入りやっとソニーらしさが出てきた。

何とか先制点を奪いたいソニー。
66分に、前半から攻守にハードワークしてくれた6.桐田に代え、11.多聞を投入。

するとその直後(67分)の右CKで、24.泉がニアですらしたボールが、ゴール前に詰めていた
11.多聞の目の前にこぼれてくる。それを冷静に頭で押し込み、何としても欲しかった
先制点を奪うことに成功した。

その後も、攻守に冷静な試合運びを見せるソニー。
76分には、相手ボールをインターセプトした24.泉から11.多聞につながり、一度は相手GKに
クリアされるも、相手DFの連携ミスから、再度11.多聞がボールを押し込み追加点を奪う。

この追加点は大きかった。
精神的にも、今日はイケるぞ!という安心感をもたらしてくれた。

ゼルビアも攻撃的な選手を投入し、巻き返しを図るが、しぶとい守備で全員が集中していた。

しかし90分。
右からのクロスに、DFとGKが交錯し、そのこぼれ球が運悪く相手選手へ。

もったいない失点でした。

ロスタイムも2分だったので、慌てることなく相手の猛攻もしっかり凌ぎ、
4月4日(vs流経大)ぶりの勝利をもぎ取ることができました。

サポーターの皆さん、本当に長い間やきもきさせる試合ばかりですいませんでした。
今日のこの気持ちを忘れることなく、次節も熱く戦ってきます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。