So-net無料ブログ作成
検索選択

後期第4節 佐川印刷SC [監督から]

vs 佐川印刷SC

今節の佐川印刷戦(10位)は、11位のソニーにとっては、順位を逆転する重要な試合でした。

京都の暑さを覚悟しながら臨んだ一戦でしたが、試合開始が近づくにつれ、昼間の暑さが
嘘のように少し涼しくなりました。とは言っても気温30.7℃、湿度54&しんどい試合だったと思う。

前日の夕方、全国版のニュースでも放送されたが、集中豪雨と雷がひどく、今日も同じような
予報が出ていたため、試合ができるか心配でした。
キックオフ直前、ちょっと離れた空では、雷が光っていたが、それたようで試合には影響がなかった)

前節、猛暑の中でのブラウブリッツ秋田戦では、精神的にも肉体的にも相当疲労した選手たち。
気持ちは充実していると思うが、ハードな試合をした次の試合は無意識に体がハードワークを
拒否することが多々あるので、試合の入り方、気持ちの強さを再確認し、試合に臨みました。

キックオフ直後は、シンプルなボールポゼッションからリズムを作るソニーでしたが、徐々に動きに
躍動感がなく、逆に佐川印刷に攻め込まれるシーンが目立った。

試合の入り方が良かったので、何となくやれるんじゃないかって気持ちが、運動量を減らしたと思う。

前半は、お互いに決め手を欠き、0-0で折り返す。

後半、前線での運動量を活性化させるために、6.桐田に代え、11.多聞を投入。

すると46分。
相手GKのミスから、28.雅也のスローイン→19.麻生のクロスに、11.多聞が頭で決め、
嫌な展開だったが、試合を優位に進めるために、もっとも欲しい先制点を奪うことができた。

11.多聞が入ったことで、攻撃にリズムが生まれ、速攻から何度かチャンスをつくる。
73分には、24.泉に代え、17.剛志を投入。

17.剛志がスピードを活かし、更に相手に脅威を与える。

しかし、佐川印刷も左右に揺さぶりながら、ゴールのチャンスを伺う。
左右へのスライドを、ボールへのアプローチを辛抱強く続けたソニー。
この焦れない気持ちが、今は充実している。


残り時間10分を過ぎたくらいから、相手に押し込まれるシーンが増えたが、
ここで底力を発揮したのが19.麻生だった。

19.麻生の縦へのドリブルが相手DFを翻弄する。
何度も、何度もドリブルで仕掛け、相手は相当嫌だったと思うし、チームを助けてくれるプレーだった。

11.多聞、17.剛志に決定的な場面があって、そこを確実に決めていればもっと楽な試合になったと
思うが、最後は相手のパワープレーを全員で集中し抑え、苦しかったが1-0で勝利。

この苦しみの中での勝利は、選手にとって自信につながったと思う。

次節は、年に一度のナイターゲーム(サマーフェスティバル)。
対戦相手は、強豪Honda FC。

サマーフェスティバルでは、ドラムカフェやセントくんダンス、大抽選会など、イベントが盛りだくさんなので、
是非、早めにスタジアムに来て楽しんでください。

我々も、Honda相手に勝つためにいい準備をします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

後期第3節 ブラウブリッツ秋田 [監督から]

vs ブラウブリッツ秋田

気温31.5℃、湿度52%と今年一番の暑さ!
ピッチに立つと直射日光がジリジリと皮膚を刺し、今日の試合の過酷さが目に浮かんだ。

この試合の勝敗を左右するのは、技術とか戦術とかではなく、精神面!戦う気持ちを
90分間持ち続けた方だと確認していました。


対戦相手のブラウブリッツ秋田は、今季上位争いをしており、前節も首位ガイナーレに
3-2と競り勝ち、また、得点ランキング ダントツ1位のFWが在籍する、今、もっとも乗って
いるチームです。

キックオフ直後、相手のシュートがバーに直撃するという、一瞬ヒヤッとする場面がありました。
暑さの影響からか、動きが悪いのかなっと正直少し不安になりましたが、今日の選手たちは
非常に落ち着いており、全員がチームのために献身的なプレーをしていました。

初めは主導権を握られる展開でしたが、ボールを奪った後に丁寧に、また確実にボールを
つなぐ事で、徐々に良い形で攻撃できるようになった。

今までより、シンプルにセーフティにボールを動かすことで、選手個々の距離感が非常に良く、
サイドでも慌てることなく、相手を崩していたと思う。

しかし、フィニッシュのところがピリッとせず前半は0-0で折り返す。

後半開始早々の49分。
左サイドで28.雅也→7.大瀧と繋がり、7.大瀧のクロスに6.桐田がニアサイドでつぶれ、
フォアサイドでフリーで待ち構えていた24.泉が冷静に左足で決め、待望の先制点を奪う。

今までは、全員の守備意識が非常に高く、0-0で終盤までもつれ、1点を奪えないまま
先に相手に得点を許すパターンが多かった。

やはり勝利の方程式は、先手必勝。
1点先取することで、相手に与えるダメージは相当なもので、こちらも相当楽になる。

56分、25.谷池に代わり、18.木村を投入。

その後も、両サイドから何度かチャンスをつくる。
でも、今日の気温は相当選手から体力を奪っていた。

プレーが止まるたびに、腿裏を伸ばす選手がたくさんいました。
後半は、本当の意味でメンタルの強さが、どっちが強いかの我慢比べでもありました。

80分には、7.大瀧に代え、26.天羽を投入。
85分には、19.麻生に代え、17.剛志を投入。

ブラウブリッツも最後まで諦めずにソニーゴールを目指しましたが、集中力と運動量、
高い守備意識を全員がやり通した結果、1-0で勝利を収めることができた。

今日の勝利は、ソニーにとって非常に重要で、自信につながる勝利でした。

全員がチームの勝利のために、献身的なプレーをし、とても素晴らしい試合内容でした。

スタンドで観戦したサポーターや観客の皆さんも、ハラハラドキドキの試合展開だったと
思うが、選手の戦う気持ちが十分伝わった試合内容だったと思う。

ブラウブリッツの選手は暑さに負けていたと思うが、ソニーは暑さに負けず、勝ちたい
という気持ちを持って戦っていた。そこが一番大きいと思う。

次節も、京都(vs佐川印刷)と暑い場所での試合となるが、気持ちで負けないように
頑張りたい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

後期第2節 V・ファーレン長崎 [監督から]

vs V・ファーレン長﨑

最後の最後で失点し、負けてしまった。
ソニーにとっては本当に悔しい負け方で、長崎にとっては最高の勝ち方だった。

前節のMIO戦では、立ち上がりの入り方が悪く、主導権を相手に与えてしまい
立ち直る前に失点してしまう、最悪の試合展開でした。

今節は、同じことを繰り返さないよう選手自身もみな、確認しあい試合に入りましたが、
いまいちパッとしない立ち上がりでした。

相手がどうのこうのという前に、自分たちの問題だと思う。

自分たちが目指すサッカーをやるためには、その流れに持ち込みために何をしなければ
いけないかを考え、実行しなければいけない。
相手のプレスの状況や、ラインの高さなど、最初はどのチームも勢いをもって、主導権を
握るために激しくやってくる。

W杯で優勝したスペインバルセロナも、圧倒的なポゼッションサッカーでゲームの主導権を
握るサッカーをするが、立ち上がりはロングボールを対応したり、無理にポゼッションを
することはせず、自分たちがやりたいサッカーの形を徐々に作り出している。

時間帯や相手の状況により、臨機応変に対応し、でも、受け身ではなく、アグレッシブに
自分たちのサッカーに引きずり込む、そんなずる賢さが必要だと思う。

この試合も立ち上がりは押し込まれたが、徐々に盛り返しチャンスを作り出すが、最後の
最後で精度を欠き、得点が奪えない。

ラストパスの精度やフィニッシュの精度を上げるには、はやり日頃からどれだけその部分を
大切に思っているかだと思う。
この部分は練習をしないと上手くならないし、意識しないと上手くならない。

JFLの上位チームには、得点王争いに絡む選手がいる。
決定力という部分では、選手が持っているセンス(得点感覚)が非常に重要になるが、
そのセンスを磨くには、試合で起こりうる得点シーンを想定したシュート練習をしないと
その感覚(ポジショニングや相手との駆け引き)も養われないと思う。

出し手と受け手の関係でも、お互いの特徴を理解するために、日々の練習でコンビネーションや
コミュニケーションの確認を日々繰り返すことで、アイコンタクトで互いの気持ちが分かるようになる。

ちょっとしたことだが、これが重要で難しい。

守備の意識が高く、失点数はリーグでも少ない方だが、得点力をアップさせていかないと
勝ち点3を奪うことは難しい。

相手に先制点を奪われると、そこから同点、逆転と相当のパワーが必要になる。
相手に点をやらず、先に点を奪う展開が理想だ。

得点が入るときにもっとも多いパターンは、相手ボールを奪い素早く攻撃に移した時だという。
攻守の切り替えが大切になるわけだが、ボールの奪われ方が悪いとピンチになる。

今節も最後の最後で、さあ攻撃だと守⇒攻に移りかけたとき、安易にボールを奪われ、
そこからクロスを上げられ決められている。

ヘディングシュートの場面だけをみると、ポジショニング等の修正点はあるが、一番の原因は
ボールの奪われ方が悪かったからだと思う。

次節は、現在得点王争いで単独トップを快走中の秋田との対戦です。
前期は、0-1で負けているため、気合いを入れて準備したいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

後期第1節 MIOびわこ草津 [監督から]

vs MIOびわこ草津

今節から後期がスタートしました。
前期は、怪我人の影響から、連敗し波に乗れなかったソニーでしたが、
ここ最近の試合は、上位にも善戦し、内容的にも後期に向けた手ごたえを感じています。
上位進出に向けて、ここからがリスタートです。

晴れのち曇りの天候であったが、気温26度、湿度76%とサッカーの試合をするのには、
ちょっと厳しい条件のピッチ状態でした。

とは言っても、相手も同じ条件です。
そんな言い訳が通用しないことは、選手自身が良く知っています。

しかし、そんな気持ちとは裏腹に、立ち上がりからMIOに押し込まれる展開となってしまった。

平均年齢23.3歳と若いMIOの選手は、思い切りの良さを武器に前へ前へと勢い良く仕掛けてきた。

逆にソニーの立ち上がりは、体が重いのか、出足や球際、細かいミスなど、いつもと違った。

嫌なリズムのまま試合が流れ10分。
左サイドのロングスローからえぐられ、折り返しを決められあっけなく先制点を許す。
一瞬のスキをつかれ、修正しきれないまま失点を許すという、大きなハンデを負ってしまった。

その後も、なかなかいつもにリズムに戻せないソニー。
しかし、単発ではあるが、決定的な場面でMIOゴールを脅かした。
7.大瀧→2.尚樹と右サイドを崩し、クロスを上げたが11.多聞と合わない。
左サイドの19.麻生のクロスに、これも11.多聞がうまくヘッドで合わせたが、枠を捕らえきれず。

前半は、シュート1本と精彩を欠いたソニー。

後半頭から11.多聞に代え、6.桐田を投入し、チームに運動量と勢いを与えたかった。
その選手交代が功を奏し、6.桐田の裏への動き出しで、リズムをつかみ出したソニー。

2.尚樹、6.桐田と決定的な場面を作るが決めきれず、同点ゴールが遠い。

74分には、相手選手との接触によるアクシデントで、5.ヤマが途中退場。
交代で、18.キムが出場。

76分に、24.泉に代え、17.剛志を投入。

すると82分。
7.大瀧のセットプレーから4.瀬田が頭で合わせ、待望の同点ゴールが生まれた。

その後も、逆転を目指し最後まで諦めずにMIOゴールを目指すソニー。

最後の最後に、17.剛志にビックチャンスが訪れたが、GKのファインセーブもあり逆転できず、
そのまま試合終了となった。

本当に惜しい試合をしてしまった。
試合の入り方が悪すぎた。

この試合や立ち上がりの重要性は、みんな承知している。
先制点の重み、夏場の戦い方、この試合でいろんな勉強が出来たと思う。

MIOには、1分1敗と負け越してしまったが、次の長崎には前期の借りを返したいし、
他チームにもソニーの底力を見せ、後期はトップの成績を目指します。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。