So-net無料ブログ作成

後期第12節 ツエーゲン金沢 [監督から]

vs ツエーゲン金沢

JFLも残すところあと6試合となり、各チームとも最後まで順位を上げるべく必死だ!

我がソニー仙台FCも同様で、みんな必死でトレーニングや練習をやっている。
しかし、好不調の波が激しく、結果が伴わない。

みんな一生懸命やっているが、この「好不調の波」を何とか改善しないと、チームは成長しない。
好不調の波が激しい要因として、大きな問題点が2つある。
一つ目は、メンタルだ。
対戦相手によって選手の動き(運動量、集中力)にムラが出てしまう。

2つ目は、個<チームの考え方。
個人は尊重するが、チームとしてのルールを守ることと、自由(自己中、我がまま)は違う。
(自由と我がままを履き違えては困る)
サッカーにおいてそこのバランスが一番重要なところだ。

チームとして同じ方向を向いて、チームの決めたルールを守りつつ、
その範囲の中で最大限の自分の特徴を発揮する。

チームとして「好不調の波」を少なくするには、チームのために献身的に戦うことが絶対である。

当然、チーム力を大きくするには、一人ひとりの個が大きく成長することが大切である。


最近、控えメンバーが国体優勝を機に、成長し、自信をつけたことで、
チーム内で競争意識が生まれてきた。

選手間の差が詰まったことで、求められる要求も高くなる。

個が強力でも、チームとしての役割が出来ない、やらない選手は試合には使えないし、
ここ一番の場面でチームに迷惑を掛ける。

チームの決めごとを守らず、そのミスが2つ、3つ続けば失点につながる。
直接失点シーンに絡んでいないかもしれないが、そのミスの繰り返しが失点につながっている
ことを十分理解しなければ進歩がない。(その修正も重要な課題だ)

しかし、チームとしての戦い方が出来ても、個が弱くては最後のシビアな部分では戦えない。


この結果を招いたのは、私自身にも問題がある。

今、チームとして「変化する」時期にきていると思う。 
私も、変化を恐れず、現状を打破するために、「変化こそ進歩」を胸に、
「プロの横にいる最強のアマチュア」を目指します。

前置きが長くなりましたが、今節のツエーゲン戦は好調の選手をメンバーとして選びました。

今季初のスタメンで14.門馬をCBで起用し、チームが目指すパスサッカーの体現者として
22.雅人をボランチで起用しました。

サブでは、15.前田、13.シンノ
そして怪我から復帰した27.修平を新たに加え、戦いに挑みました。

立ち上がりからバタバタした感じで、攻守のバランスがビミョーにズレていた。
ツエーゲンは、元日本代表の久保、運動量豊富な古部の強力2トップが、
起点になり攻撃を牽引している。

ソニーは、縦への強引なパスが多く、また、ラストパスの精度が悪く、
すぐに相手にボールを渡してしまった。

すると32分。
FWと中盤の間にできたスペースのこぼれ球を拾われ、そこから右サイドを突破されクロスが入り、
中で合わせられゴールを奪われてしまった。

最近、ワンチャンスをモノにされるケースが多い。

後半に入り、57分に27.修平と13.シンノを同時に投入し反撃にでる。
相手の運動量が落ちたこともあるが、27.修平が入ったことで攻撃のタメ、リズムが生まれてきた。


両サイドから波状攻撃をしたがなかなか得点できない。
75分には、2.尚樹に代え、15.前田を投入し、サイドを起点に更にサイド攻撃を開始した。

しかし、何度か惜しい場面はあったが得点できず、0-1で負けてしまった。

チームとして負けたことは非常に悔しく、残念だが、
新たな収穫、自信をつかんだ実のある試合でもあった。

チームとしての戦い方を再度整理し、更に個の尖がった部分も伸ばしつつ、
「好不調の波」のないチームを目指します。

選手は常に一生懸命やってます。
あとは、監督の私がどう方向付けて、選手を導いていくかだと思っています。

サポーターの皆さんには、やきもきする、スッキリしない試合をお見せしてますが、
変化が見れるような試合をするので、温かく見守ってください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

後期第11節 FC琉球 [監督から]

vs FC琉球

今、東京のホテルでこのブログを書いています。
チームは明日午後のフライトで帰仙しますが、私は試合後すぐに東京に移動し
来季の補強に向け、明日関東大学リーグを視察します。

チームというものは常に新陳代謝しながら組織力を強化します。
補強もそのひとつだし、チーム内競争も・・・  やはりライバルがいないと成長しないかなぁ?
今のチーム、自分に満足しているようでは、年々レベルの上がるJFLでは沈んでいく一方で、
常に向上心をもって、自分の課題に向き合い変化をしなければ、競争に敗れてしまう。
ライバルが出現してから焦ってTRしても後の祭り。

どのチームでもレギュラーの座は保障されていない。
昨年まで主力だった選手が、ポジションを奪われたり、若い力が台頭したりと休息は後退である。

ソニー仙台の選手にも、プロを目指し夢を追いかけている選手がたくさんいる。
いつかJチームから声がかかることを夢見て日々努力している。

プロを目指し夢を持つことは良いことだが、今からその意識を持ってやらないと
行ったらやりますでは、まず通用しないし、Jチームからも声はかからないと思う。

それからサッカーの現役生活は長くても30前半までである。
その後の人生の方が遥かに長く、理不尽なことが多い。
その為にも、サッカーを通じて人間力を高めなければ行けない。
挨拶、礼儀、社会人としての立ち振る舞いなどなど、サッカー以外でも成長しなければいけない。

常に謙虚な気持ちを持つこと、人の話を聞く耳を持つこと、自分の考えを持つこと、
仲間を思いやる気持ち、私も偉そうなことは言えないが、常にそんなことを考えて生活している。

限界を作らず、変化を怖がらず、がむしゃらに大好きなサッカーに打ちこんでほしい。
「理想の自分に向かって変化あるのみ・・・」


ちょっと前段で小難しい話をしてしまいましたが、今日の琉球戦はこんなことを考えさせられるような
内容の試合でした。

天皇杯でベガルタ、セレッソと対戦し選手の成長を感じることが出来た試合でした。
しかし、今日の試合は立ち上がりこそ良かったが、謙虚に戦う姿勢を忘れ、自らスキをつくり、
2度、3度とミスを繰り返し、前半のうちに2失点(21分、25分)と決定的な場面がすべてゴールに結びついてしまった。
いつも苦しい展開になってから火がつきだす。(悪い癖である)

42分に、16.今田に代え、22.雅人を投入。

後半55分、左CKから2.尚樹のヘディングシュートが決まり1-2と追い上げる。

しかし、琉球の守備も堅くゴールが遠い。

63分、17.剛志に代え、11.多聞を投入。
73分、19.麻生に代え、13.慎之佑を投入。

13.慎之佑も久しぶりの出場だったが、自分の特徴を十分に発揮し、出場機会が増えれば何かやって
くれそうなそんな印象を受けた。

結局、1-2のまま試合終了。

やはり先に2点を奪われると、追いつき、追い越すことは難しい。
前半の戦い方が悔やまれる試合だった。


私は選手に対し、できないことは要求しない。
できるのにやらないことが許せない。
戦えない選手は必要ない。

ベガルタ、セレッソとあれだけ良い試合をしたのに、何でそれを続けられないのか・・・
メンタルの部分が大きいと思うが、何も得ていないのに、謙虚さを欠いた結果が今日の敗戦につながった。

ガイナーレ、SAGAWA、HondaなどJFLの強豪は常に安定したパフォーマンスを発揮している。
日頃の練習から全部を出し切る習慣をつけないと、安定したパフォーマンスを発揮することはできない。

日頃から厳しい環境の中で全部を出し切ることができれば強いチームになると思う。

今日は、ほとんどが愚痴っぽくなってしまいましたが、まだまだ成長段階の若いチームです。
そんなに急に変化するこは出来ませんが、少しづつ変化し、「理想の自分に向かってチェンジです」


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦 vsセレッソ大阪 [監督から]

vs セレッソ大阪

まず初めにセレッソ大阪戦に応援に来てくれたサポーター、観客の皆さん熱い声援
本当にありがとうございました。

1-3と敗れてしまいましたが、みなさんの大きく、そして熱い声援が選手に届き90分間
最後まで全力で戦うことができました。

天皇杯2回戦でベガルタ仙台に勝ち、国体では優勝とチームがひとつにまとまり、
それに合わせて周りからの期待や注目度も上がり、この一戦を向かえることになりました。

現在、J1 3位のセレッソ大阪。
多彩な攻撃はJ1屈指の破壊力を持つ、また、守備も鹿島アントラーズと並びJ1最少失点と
攻守共にまとまった絶好調のチームです。

双方の力関係を分析すると、攻めるセレッソ、守るソニーとなることは誰もが予想する展開です。
Jチームでもてこずるセレッソの攻撃力は、若い3シャドーが流動的に動き、10.マルチネスが
ゲームを作り、ドリブル、ポゼッション、スルーパス何でもありで、ソニーとしては守備陣形を
如何にコンパクトにし、連続した守備を続けられるかがポイントでした。

カテゴリーが上のチームと対戦すると相手のスピードや個人技に慣れる前にやられるケースが
あり、また最初のセットプレーも十分注意しなければいけない。

立ち上がりの入り方、15分、30分、45分と時間を区切りながら無失点で前半を終えれれば
相手にも焦りや苛立ちから、付け入るスキが生まれると思っていました。

ミーティングではそのことと、守備についてを整理しピッチに送り出しました。

立ち上がりはやや緊張気味に見えた選手たちも、守備の意識を高く持ち、集中した守備から
徐々に攻撃のリズムも出てきた。FWの献身的な守備から、4.瀬田、16.今田がインターセプトし
攻撃につなげるが、いつもより余裕がないのか受け手と出し手でちょっとしたミスを繰り返す。
(こういった試合で改めて止めて蹴る、ドリブル、判断力の基礎の部分の大切さを実感する)

押し込まれているものの良い守備で予定通りの試合展開だったが29分。
自陣のパスミスから7.乾にゴールを決められ、やってはいけない先制点を奪われてしまう。

選手が動揺して気落ちし、立て続けにゴールを奪われることが一番嫌だったが、私の不安は
2分後の17.剛志の同点ゴールで一気に吹っ飛んでしまった。

右サイドから2.尚樹が相手を抜き去り、深く切り込んだところからクロスを上げる。
ゴール前に走り込んだ24.泉には合わなかったものの、こぼれ球に反応した17.剛志が右足で
突き刺し1-1と振り出しに戻る。

相手も徐々にスピードの変化や裏への動きを繰り返しソニーDFを揺さぶってくる。
すると40分。7.乾の反転に思わず足を出してしまった4.瀬田がファールしPKを与えてしまう。

これを難なく決められ1-2と再び追う展開となり、そのまま前半終了。

後半に入り、前半同様の戦い方で良い守備から良い攻撃を繰り返すソニー。
左CKでは、20.隼人のヘディングがドンピシャでヒットし、ゴールかと思われたが不運にも
相手GKの足に当たり枠の外へ。

その後も、何度か攻撃の形を作るが、中の枚数が少なかったり、フィニッシュの精度が悪く
ゴールを奪えない。

64分に17.剛志に代え、11.多聞を投入。

同点に追いつくために11.多聞を投入したのに、逆に3点目を奪われる。

67分。私側から見るとファールのように見えた・・・、2.尚樹と14.家長が競り合い、2.尚樹が
倒されたように見えたがノーホイッスルで、そのままクロスを上げられヘディングの折り返しに
フリーの9.アドリアーノが頭で押し込み1-3。

いつも言っているが、レフリーの笛が鳴るまでプレーを続けなければいけない。
自分達で判定を判断し、プレーを止めることはあってはならない。取り返しのつかないゴールと
いう結果につながる場合もあるし、文句を言っても判定は覆らない。

77分に24.泉に代え、6.桐田を投入。
87分に7.大瀧に代え、9.純平を投入し最後の勝負に出た。

最後まで諦めずにゴールに向かう執念を見せてくれたが、1-3で試合終了。

勝負に負けたことは非常に悔しいし、選手たちが一番悔しいと思う。
しかし、この悔しさを、ただ悔しいの感情だけで終わらせるのではなく、足りない分が
あるから負けたわけで、そのことを謙虚に受け止め、実際に90分間肌で感じた相手との差、
個人的に出来てた部分、課題を次につなげるために自己分析し改善してほしい。

来年、もう一度このピッチに立ち勝利することを目標に、「自ら変化し、努力しよう」

PS:
スタジアムに応援に来ていただいた方、BS1で中継を見た方、最後に選手がTシャツを着て
メッセージを送ったことについて説明します。

「木村さんありがとう」
このメッセージは、いつも大きな声を出し、太鼓をたたいてくれた社員サポーターの木村さんに
向けた選手からの感謝の気持ちです。
10月16日から中国の蘇州へ赴任するため、このセレッソ戦が最後の試合となりました。

いつも本気で、喉をからし、汗だくで応援してくれてありがとうございました。
中国に行ってもHPでソニー仙台FCの結果を見てください。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

後期第10節 流通経済大学FC [監督から]

vs 流経経済大学FC

国体に参加したメンバーが6人先発出場し、疲れもある中勝利に貢献してくれた。

とは言っても、前半の戦い方については納得いくものではなく、非常に幼稚で
精神的にもまだまだ課題を露呈した試合でした。

流経大は、1、2年生が中心のチームで、JFLでも現在18位の最下位である。
しかし、潜在能力は高く、特に攻撃面での上手さは他のJFLチームと遜色ない
実力を秘めている。

そんな相手に対して、上から目線なのか、疲労によるものなのか、全然勝負に
対する執着心が欠けていた。

キックオフ直後から、相手に良いようにボールを回された。
運動量も少なく、球際も弱く、ルーズボールに対する出足の一歩でも負けていた。

当然、そんなプレーをしていると、相手も勢いに乗ってくるし、伸び伸びプレーする
ことで積極的にソニーゴールを目指す。

案の定、11分に先制点を奪われた。
ゴール正面約25m位のところからのFKで、直接狙うかと思われたが23番の選手に
合わせられ、あっけなく先制点を奪われる。

その後も、修正できずにいたが20分に相手のファールからPKをもらい17.剛志が冷静に
決め同点とする。

しかし、27分にも左FKからショートでつながれ、ドリブルで簡単に突破され、中の対応も
ルーズだったため、この失点も触ることすらできず呆気なく奪われてしまった。


サッカーはメンタルの占める割合が強く、どれだけ勝ちたい気持ちを前面に出してプレー
できるかが勝敗を大きく左右する。
1対1の競り合いでも気持ちが強い方にボールはこぼれるし、シュートも気持ちが入れば
ゴールに吸い込まれる。

相手との実力差をメンタルでカバーできる場合があるし、その気持ちの強さがサッカーでは
ベースの基礎部分となる。

後半に入り、選手の気持ちにスイッチが入り、前半とは見違える気迫のこもったプレーを
見せてくれた。

そうなると当然、こぼれ球はソニーボールになるし、ルーズボールへの反応も速くなり、
前半とは逆の流れになった。

50分には、正面で得たFKを7.大瀧が蹴り、GKとクロスバーに阻まれるが5.山田がいち早く
反応しゴールに押し込み同点とする。

57分にも、左サイドから16.今田のクロスに対し、5.山田がヘディングで流し込み3-2と逆転に成功。

その後も、何度も決定的な場面はあったが、流経大も必死の守りでゴールを死守し突き放す
ことは出来ず結局3-2で勝利を収めることができた。

この一戦を教訓にし、同じ過ちを繰り返さないよう、日頃の練習から常に全力で取り組み
100%、いや120%を出し切れる、自分で自分を追い込める体、メンタルを鍛えなければいけない。



今週末(10/9)は、いよいよ天皇杯3回戦のセレッソ大阪戦です。
J1で現在3位のセレッソです。
相手の方が格下チームとの対戦で、やりずらいと思うし、ソニーは失うものがないので思いっきり
全力でぶつかっていくのみです。

サポーターの皆さんの応援が選手に力を与えてくれますので、是非、スタジアムで熱い声援を
送ってください。

それから、ベガルタ仙台のサポーターの皆さんにも我々に力を貸してほしいです。
よろしくお願いします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。