So-net無料ブログ作成
検索選択

後期第17節 松本山雅FC(最終戦) [監督から]

vs 松本山雅FC

今季最終戦。3対2で勝利。
このメンバーでの最後の試合だったので、内容よりも結果を求め戦いに挑んだ。
選手一人ひとりの「勝ちたい」という気持ちのこもったプレーは、見ていても
伝わるものがあった。

試合開始直後から松本の激しいプレッシャーを受ける。
丁寧につなぎたいと思う気持ちから、中盤で奪われるシーンが目立ったが、
ピッチコンディションが悪かったことと、相手の前がかりな守備の弱点を活かし、
SBの背後のスペースにシンプルロングフィードすることで攻撃にリズムがでてきた。

すると前半29分。
左サイドの26.天羽からのクロスを、11.多聞が技ありのシュートで決め先制点を奪う。

その後、両チームとも一進一退の攻防が続くが1-0もまま前半終了。

後半開始3分。
不用意な守備の対応で同点に追いつかれる。

同点にされ流れは松本に行きそうになったが、今日の選手たちは崩れることなく
冷静に対応した。

前半から飛ばし過ぎて多少疲れの見え始めた6.桐田に代え、17.剛志を投入。
するとその直後、スローインからの流れで、11.多聞のクロスをファーストタッチでゴール!

17.剛志らしいFWらしいゴールへの執念。

75分には、27.修平に代え、16.今田を投入。
1対1の守備ではチーム1の強さを誇る16.今田を出し、逃げ切りにかかる。

しかし、私の思惑とは裏腹に選手たちの攻撃へのどん欲さが更なる追加点を呼んだ。

82分。
16.今田からのパスを受けた11.多聞が右足でグラウンダーのシュートを放つ。
スリッピーなピッチを読んでのシュートだと思うが、GKが取り損ねだめ押しの3点目を奪う。

86分に7.大瀧に代え、18.木村を投入。

ロスタイムに1点を奪われたが、最後まで攻め続けて勝利することができた。

本当に気持ちの入ったいい試合だった。(選手たちに感謝です)



優勝を目指した今季でしたが最終的には14位と、好不調の波が激しく11勝14敗9分で
HOME6勝4敗7分、AWAY5勝10敗2分と勝ちきれない試合が多く、本当に監督としての
力の無さを痛感した1年でした。

チームを今日のようなひとつの方向に向かせることができれば、もう少し勝つことができた
と思いますが、好不調の波が激しかった原因は私の指導力の無さに尽きると思います。

最終節は、来季のスタートでもあるので今季の悔しさを胸に刻み、危機意識を持ち、
年々レベルの上がるJFLで上位を狙うために更なる努力を重ねていきたいと思います。

それから、今季限りでチームを離れる7名の選手(10.高野、18.木村、11.多聞、26.天羽
16.今田、32.根本、23.三浦) 本当にお疲れさまでした、そしてありがとう。

昨年のJFL3位、そして今年のベガルタ戦勝利、国体優勝、ソニーの歴史を共に共有
できたことを誇りに思います。
それぞれの新しいスタート、頑張ってください。

PS:
サポーターの皆さん、本当に1年間ありがとうございました。
モヤモヤした試合が多く、気持ちの伝わらない試合も多かったと思いますが、
それでも最後まで応援していただきありがとうございました。
この悔しさを晴らすべく、来季は一から出直す覚悟で頑張ります。

後期第16節 栃木ウーヴァFC [監督から]

vs 栃木ウーヴァFC

今節は非常に悔しい負けでした。
1-4と今シーズン最多失点ということよりも、1点しか奪えなかったことが悔しい。

4失点奪われた原因は、選手達が一番理解していると思うし、その悔しさをバネに
次に繋げてくれれば、成長のきっかけになると思う。

選手は一生懸命やってたと思う。
点差が開いても最後まで諦めずに戦ったと思う。



しかし、攻撃に関しては、改めて考えさせられる試合だった。

「上手い選手」「下手な選手」の定義ってなんだろう。
ミスの多い選手、少ない選手の違いはなんだろう。
チームが勝つためのプレーとは、どんなプレーだろう。

ポジションやエリアによってプレーの役割や選択が異なる。
目的は「ゴールを奪う」ことで、より確実にフィニッシュまで持っていけるかが重要だと思う。

時間帯や流れによっては、違う選択肢も必要な場面もあるが、「パスサッカー」を目指す
ソニーとしては、主導権を握るために相手よりも多く長くボールを保持したい。

そうなるとミスを極力減らしたい。
判断ミス、キックミス、トラップミスなどなどたくさんあるが、最終的に「個のスキル」に左右される。

確実に自分の形を持っているプレーヤーは強い。
クロスを上げるにしても、この形に持ち込めば必ずここに上げることができるなど、自信にもつながる。
(フリーで10回蹴ったら9回成功するくらいの精度)

しかし、その形がない選手はプレーの成功失敗に波がある。
それは形がないからだ。
キックが上手い選手や、ボールを失わない選手は、ボールの置く場所が常に一定だからミスが少ない。
(そこにこだわりを持っている)

ドリブルが上手い選手も、いつどのタイミングで仕掛けるかの判断が正確だし、相手の嫌がる
場所を知っている。

オフの動き出しの上手い選手も、常に相手と駆け引きし、出し手が蹴れるタイミングで動き出し
一瞬フリーになり、確実にキープしてくれる。

そういった選手個々が状況に応じて、ミスの少ないプレーを選択し、自分の形を何度も繰り出し、
その形を知っている味方が、それを活かすためのプレーを選択する。
そうすることでゴールまでのイメージが共有できると思う。


今節は試合内容については触れないが、現状に目をそらさず、しっかり分析し、次につながる
方法を模索したい。

次節は最終戦です。
リーグ戦は非常に不甲斐ない戦いに終始しましたが、最後は勝利し、一年間の締めくくりと
したいと思います。

後期第15節 ホンダロック [監督から]

vs ホンダロック

JFLも残り3試合。
七ヶ浜サッカースタジアムでの最終戦、何としても勝ち点3を奪い順位を上げたい。

対戦相手のホンダロックは、3-4-3と最近のチームには珍しいシステムで戦ってくる。
攻撃力があり、前への推進力を持ったロックに対し、FW、中盤、最終ラインをコンパクトにし、
如何に主導権を握れるかがポイントだった。

立ち上がりから勢いよく攻守にわたり積極的に出たソニーがやや優位に試合を進める。
途中、相手の3バックの間を上手く抜けた11.多聞に決定的な場面が訪れたが、GKの
ファインセーブにもあいチャンスを逃す。

その後、13.慎之佑が中央を抜け出しGKと1対1になるも、ここでも決定機を外す。

序盤での決定機を決めるか決めないかで、その後のゲーム展開は大きく変わる。

案の定、その後ゲームの主導権をロックに握られ、苦しい耐える時間が続いた。

2度の決定機がチームのバランスを崩した原因かもしれない。
中央突破ができたことで、チームが中央の一発狙いに傾いた。

相手のシステムは3バック、サイドに大きなスペースがあるにも関わらず、中、中と
相手がたくさんいるところに無理に破ろうとしていた。

後半に入っても、有効なサイド攻撃ができなかったため、57分13.慎之佑に代え、
19.麻生を投入。

両チームとも全体的に間延びしてきたせいで、一進一退の行ったり来たりの攻防が続く。

硬直した展開を打開したく、68分11.多聞に代え、9.純平を投入。
9.純平には両サイドのあいているスペースに飛び出すよう指示を伝えた。

最終ラインのスライドやカバーリングが中途半端になり、裏を取られたり、入れ替わられる
シーンもあったが、何とか体を張ったディフェンスで凌ぐ。

80分疲れの見えた6.桐田に代え、17.剛志を投入。
最後10分にかける。

9.純平が裏に抜け出しループシュート放つが、ちょっと短くGKにキャッチされる。
全員最後の力を振り絞って1点を奪いにロックゴールを攻めたが、結局0-0の引き分けで終了。


前半の決定機が悔やまれる悔しい試合となった。

残り試合は2試合となり、ただただ全力でやりきるだけなので、チーム一丸となって頑張ります。


PS:試合前のセレモニーで、27.修平が200試合出場記念を祝し、花束の贈呈があった。
本来であれば4月に達成される予定だったが、不運な怪我によりこの時期まで伸びてしまった。
しかし、辛いリハビリ期間を乗り越え、またピッチに戻ってきた。
もっともっと出場数を伸ばしてください。

後期第14節 ジェフリザーブズ [監督から]

vs ジェフリザーブズ

前節SAGAWA SHIGA相手に勝利を収め、勢いにのってジェフ戦に臨みました。

千葉国体の準決勝では、ジェフ中心の千葉選抜と対戦しており、その際は1-0で
勝利しましたが、ジェフはその悔しさを晴らすべくモチベーション高くこの一戦に挑んできました。

試合の入り方は悪くなかったが、相手のスピーディなボール回しに多少慌ててしまったところもあり、
無理な体勢でボールを奪いに行きファールを取られる、ちょっと嫌なリズムになった。
(チームとして取り組んでいる課題に対し、意識してプレーしていたと思う。)

攻撃の際も、相手の守備意識が非常に高くリトリートした守備を崩すことができず、
次第に攻撃のリズムが狂い始め、自陣でボールを保持する時間帯は長かったが、効果的な攻撃
に展開することができなかった。

ビルドアップする際、ゴールまでのイメージを共有することが大切だ。
縦パスを入れるタイミングや、突破やクサビを受けるタイミングの共有、また、サイドチェンジの意図
など、相手の守備の穴を作り出し、攻略していかなければゴールは生まれない。

前半は、運動量も少なかったし、選手間のタイミングもあってなかったし、得をする効果的な
サイドチェンジも出来なかった。

後半に入り、前半の課題を修正し良いリズムで攻撃が動き出した。

しかし、そんな時間帯に失点してしまった。
65分。ゴール正面でFKを与えてしまい、直接FKを決められてしまった。

なんとも悔しいゴールであった。

1点を奪ったことで更に守備的になったジェフに対し、なかなかゴールが奪えず、
68分に24.泉に代え、6.桐田を投入。
73分に11.多聞に代え、17.剛志を投入しました。

何度かサイドを突破しクロスを合わせるもゴールが遠い。

そんな中、83分に5.山田が2回目のイエローカードをもらってしまい退場となった。
一人すくなっくなったがゴールを奪うために、7.大瀧に代え、19.麻生を投入。
果敢に攻めたがゴールを奪えず結局0-1で試合が終了し、なんか歯切れの悪い悔しい負けでした。


選手は今チームとして取り組んでいる課題に対し、意識高くプレーしてくれた。
しかし、それが勝利に結びつかず1回の決定的な場面で失点してしまう悪循環が今シーズン
象徴しているように思った。

今日負けたが、だからといって方向性を変える必要もないし、これからも同じことをより精度を高め
前に進むしかない。

やってはいけないミスを何度も繰り返さない。
(その積み重ねが失点につながってしまうと思う。)

もっとプレーの精度を高める。
(特に攻撃はその差がゴールを奪えるか奪えないかの差だと思う。)

残り3試合ですが、一つひとつ大切にしたいと思います。

後期第13節 SAGAWA SHIGA FC [監督から]

vs SAGAWA SHIGA FC

台風の影響で開催が危ぶまれた今節でしたが、無事飛行機も飛び
滋賀にたどり着くことができました。

ガイナーレの優勝が早々に決まり、各チームはそれぞれの目標に向けモチベーションンを
落とさず、少しでも順位を上げるために、試行錯誤していると思う。

ソニーも前節のツエーゲン戦では敗れはしたものの、チーム内競争が活発になり
選手のモチベーションは高く、いいトレーニングが出来ている。

そんな状態で臨んだSAGAWA戦。
試合直前から降り出した雨の影響もあり、スリッピーなピッチコンディション

キックオフから両チームともに攻守の切り替えが早いスピーディーな展開が続く。
SAGAWAの鋭い2列目からの飛び出しに、後手を踏む場面も何度かあったが
慌てることなく対応する。

雨でスリッピーだったが、慌てることなくボールを繋げることが出来ていたが、
時折、相手の守備に引っ掛かり速攻を食らう場面もあり、確実にプレーすること、
ミスを減らすことの重要性が浮き彫りになったと思う。

前半は一進一退の攻防が続いたが0-0で終了。

後半に入り、SAGAWAがギアを上げてきた。
高い位置から厳しいプレスを掛けてきて、攻撃時も人数をかけて圧力を増してきた。

苦しい展開が続いていたが53分に、7.大瀧からのスルーパスに抜け出した11.多聞が
クロスを上げる。
ゴール前に走り込んだ13.慎之佑には合わなかったが、すぐ後ろにいた24.泉がシュート
待望の先制点を奪う。

先制点を奪われたことで更に激しくボールを奪いに来るSAGAWA。
前掛かりになった分、裏にスペースができ、そこを狙うソニーだったが、一発狙いになり
ボールをすぐに相手に渡してしまい、なかなか自分達がボールを保持する時間帯が
作れなかった。

SAGAWAも得点ランキング2位の御給を投入し巻き返しを図る。

74分。ソニーも前掛かりなSAGAWAへ揺さぶりをかける為に、24.泉に代え、
17.剛志を投入し、裏への恐怖心を意識させることにした。

しかし、80分。
右サイドのギャップをつかれ、同点ゴールを与えてしまった。

残り時間10分に追いつかれ、気落ちするかと思われたが、今日のソニーは違った。
全員が気持ちを切り替え、最後まで全力を出し切った。

その結果が84分に出た。
11.多聞からのクロスが、17.剛志に繋がり、気持ちで奪ったゴールが決まる。

SAGAWAの猛攻を凌ぎ切り、2-1で試合終了。


今日の試合は、全員が同じ方向を向き、この一週間取り組んだ課題を意識し、
最後まで全力でやりきった結果が、この勝利だと思う。

まだまだ修正点もあるが、一つひとつ修正し、チームとして、個人として成長し、
目標である「Jの横にいる最強のアマチュア」を目指し、積み上げ式ではなく、
逆算式で目標に向かって何をすべきか考え邁進したい。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。