So-net無料ブログ作成
検索選択

後期第5節 ホンダロックSC [監督から]

vs ホンダロックSC

昨日の試合は、初勝利に手が届きそうなその目前のロスタイムに失点を許るしてしまい
1‐1の同点で試合が終わった。

開幕から5試合戦い、攻守両面においてバランスの取れた良い試合だったと思う。
チームの勝利のために、一人ひとりがチームプレーに徹し、冷静にアグレッシブに戦った。

最後の詰めの部分で課題は残したが、確実にチームは成長していると感じた試合だった。

これまで先制され、追いつくためにバランスを崩す展開だったが、しっかりした守備から入り
先制することができた。良い守備から良い攻撃は勝利の鉄則だと思う。

相手の攻撃陣は、個々の身体能力を活かしたダイナミックな攻撃を仕掛けてくる。
サイドにスピードがある選手をおき、ゴール前に人数を掛け、ゴールを狙ってくる。

前半は、上手く相手の攻撃を止め、前半終了間際の44分にカウンターから3.雅也⇒10.泉
のワンツーで抜け出し、3.雅也のクロスに6.桐田が合わせ待望の先制ゴール!
良い時間帯でのゴールだったが、今季初の先制だったので、物凄くうれしかった。

後半に入り、相手はメンバーチェンジとポジションチェンジで反撃してきた。
やや攻め急いでしまい、マイボールの時間帯が少なくなってしまったのが、今後の課題
だと感じた。2点目を奪いたい気持ちは分かるが、もう一回前半と同じようにしっかりした
守備からボールを奪い、丁寧につなぎ主導権を握りたかった。

相手の猛攻をしのぎ試合終盤になり、最後をどう締めくくるかがカギとなったが、最後の詰めの
甘さから失点してしまい、本当に悔しい結果となってしまった。


本当に勝たせてやりたかった・・・。

まだまだ試練は続きいますが、次の横河戦で必ず勝利します。
この苦しさをチーム一丸となって乗り越えたいと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

後期第4節 AC長野パルセイロ [監督から]

vs AC長野パルセイロ

昨日の試合は、非常に悔しい内容と結果だった。
前半立ち上がりは、相手DFがソニーの攻撃陣の動きに対応出来ていなかった時間帯に、
数回あった決定機をモノに出来ず、逆に前半31分の相手FKから先制点を奪われてしまった。

1点を先制されたことで攻守のバランスが崩れてしまった。
同点に追い付きたい気持ちの焦りから、前に早くなってしまい、相手を揺さぶる
厚みのある攻撃ができなかった。

攻撃でバランスを崩すと、その影響は守備にも及んでくる。
まだまだ時間が十分あったので、落ち着いて、気持ちを切り替えて戦うことが
できれば十分チャンスはあったと思う。

後半に入っても攻守のバランスが崩れたまま修正が出来ず、攻撃も単調になり
相手に数的優位な状態を常に作られていた。

65分にもう一度攻撃のバランスを取り戻すために、8.進司と9.純平を同時に
投入したが、71分に2点目を奪われてしまった。

相手は自分達の持ち味のパスサッカーを90分通じてやり通した。
スーパーな選手はいないが、全員が素早くサポートのポジションを取り続け
DFに的を絞らせないパスサッカーを展開した。

昨日の試合はいい勉強になった。
相手の良い部分を参考にしたいと思う。


23試合中4試合が終了し、2分2敗と勝つことの厳しさをあらためて実感しています。
90分間チームが一つになり、同じ方向を見てサッカーができるよう、次の試合に向けて
準備をしたいと思います。

次節も、HOMEで試合があるので、まずは1勝を目指し頑張ります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

後期第3節 栃木ウーヴァFC [監督から]

vs 栃木ウーヴァFC

昨日の試合は、本当にくやしい負け方だった。
立ち上がりからソニーペースで、前回の反省点だった攻め急ぎもなく、丁寧にボールを
つなぐソニーらしさが戻ってきた。

ただ、2、3回あった決定機を決め切れず、逆に相手の1回のチャンスを決められ追う
展開となってしまった。先に取っていれば、試合の内容も大きく変わっていたと思うし、
もっと楽に試合運びが出来たと思う。

その後も、焦れることなく攻めたが、そのまま前半が終了。

後半に入っても、丁寧なつなぎからサイドを突破したり、中央を崩したりとチャンスは
何度かあったがモノにできない。

57分に7.大瀧のスルーパスを6.桐田が中央から抜け出し、GKとの1対1を冷静に
決め同点に追いつく。
このままのペースで追加点を奪いたかったが、またしても栃木の決定力にやられてしまう。
失点をした時間帯も悪く、さあこれから逆転っという矢先の2分後(59分)の失点だった。

それでも気持ちを切り替え選手は戦ってくれたと思う。

67分に10.泉の粘りから再度同点に追いつくことが出来た。

試合展開からいうとそのまま逆転勝ちしてもおかしくない展開だった。
何度も惜しいチャンスは巡ってきた。
でも、決め切れなかった。

最終的に決定力の差を見せつけられた試合だった。
3失点目はカウンターからの失点だった。
フリーにさせたわけではなかったのに、相手のシュートのうまさにやられた。

最後まで諦めずにゴールを目指したが2-3で試合終了。

この試合で感じたことは、決定力の大切さでした。
FWの決定力もそうですが、クロスを上げる選手の決定力。これはクロスの正確性を言うが、
それぞれのポジションで決定力=正確性(精度)が大切だと思った。

少ないチャンスを決定力でモノにするチームもあるし、数ある決定機を外し、負けるチームもある。
試合の流れや結果を大きく左右する大事な要素だと思う。

内容的には悪くなかったので、気持ちを切り替え次の試合に向けて良い準備をします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

後期第2節 ジェフリザーブズ [監督から]

vs ジェフリザーブズ

4ヶ月遅れのホーム開幕戦!
本当にこの日を迎えられて幸せです。
会社、サッカー協会、チーム関係者、地域の皆さん、サポーターの皆さん 
いろんな方のサポートがあったからここまでこれました。

気温32.4℃と真夏日の会場に1,121人の観客が応援に駆けつけてくれました。
久しぶりの試合で、楽しみに会場に足を運んでくれたたくさんのサポーターに
勝利をプレゼントしたかったのですが、0-0の引き分けに終わり本当にすいません。

試合前に見に来たサポーターに、選手の気持ちが伝わるようなプレーをしてほしいと
伝えました。
多少、気負いが見られイージーミスや攻め急ぎで相手にボールを奪われるシーンが
目立ちましたが、90分を通じて勝利へのこだわりを見せてくれたと思います。

ジェフは現在勝ち点1と我々と同じ勝ち点ですが18位と最下位のチームです。
しかし、ここ何試合かは結果は出ていませんが、調子を上げてきていました。

前半は何度かシュートまで行かれるシーンはありましたが、やられそうな感じは
なかったので、徐々にボールを保持する時間帯を増やし、ソニーペースにしたかった。
しかし、攻撃の起点を作る場面でイージーミスをしたり、攻め急ぎ雑なプレーで
ミスを繰り返してしまった。

後半に入り、多少落ち着いてビルドアップできるようになり、ソニーペースで試合は
進んだが、最後の崩しの場面で精度を欠き、得点を奪うことが出来なかった。

アタッキングゾーンでの連携ミスや、クロスの精度、ゴール前の動き出し、次節に
向けた課題が浮き彫りになった試合でもありました。

悔しさが残る引き分けでしたが、まだまだ伸びしろがあるチームなので、勝ち点1を
ポジティブに捉え前に進みたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第13回JFL後期第1節 アルテ高崎 [監督から]

vs アルテ高崎

東日本大震災におきまして、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
また、被災された皆様、そのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

とうとう我々ソニー仙台FCがリーグ戦に復帰することが出来ました。
3月11日の震災直後は、本当にサッカーが続けられるか?チームは存続できるのか?
と不安な毎日でしたが、いろんな方々のご理解、ご協力のもと、こうして復帰することが
できました。本当にありがとうございました。

後期16試合+復興支援試合6試合 計23試合
この23試合でしっかり結果を残したい。


初戦のアルテ戦は、仙台からたくさんのサポーターも駆けつけ、選手もサポーターも
この一戦にかける思いは一つです。

しかし、前半の戦いは非常に難しい内容となった。
今までの思いや、勝利への思いが強すぎて、ピッチにいる全員に物凄い硬さが目立ち、
一歩の反応が遅れたり、気持ちだけが先に行き、体はついていかない、そんなチグハグな前半でした。

悪い流れながらも粘り強くプレーしていたが、前半17分、自分達のミスから失点を許してしまった。
それでも慌てることなく、チームが一つになり前半を乗り切る。

ハーフタイムでは、攻守の修正点を伝えると共に、焦らず自分達のサッカーを辛抱強く
続けようと伝え、17.勇輝に代え、19.麻生を投入した。


後半に入り、精神的にも落ち着きを取り戻した選手たちは、何度かアルテゴールを脅かす。
58分、中央で19.麻生の左足から放たれたシュートがネットを突き刺し、同点とする。

これで勢いに乗り逆転と行きたかったが、気温36.2℃、湿度47%の蒸し暑さは、想像以上に
選手から体力を奪っていた。

これまで10試合をこなしているチームと、開幕を迎えたソニーでは、試合勘や90分の
フィジカル、そしてこの暑さ・・・   選手たちは本当に良くやったと思う。

試合は結局1-1の引き分けとなったが、勝ち点1を奪い、次に向けてのステップを確実に
踏んだと思う。

チームが一つになる。
みんなの支えがあるからサッカーが続けられる。
会社、地域の復興のシンボルとして、みんなが一つになって、この挑戦を乗り越えたい。

次節は、ホーム開幕戦です。
ジェフリザーブズとの戦いです。

関東遠征中にジェフリザーブズのサポーターから温かい歓迎を受けました。
本当にありがとうございました。当日、ユアスタに来られると思いますので、お会いできるのを
楽しみにしています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。