So-net無料ブログ作成

2011JFL 東日本大震災 災害復興支援試合(前期第1節併催) [監督から]

vs 松本山雅FC

今日のブログはちょっと長めに書きたいと思います。
みなさんつきあってください。


今期最終戦の松本山雅戦。
本来は3月13日の開幕戦で対戦するカードでした。

J2昇格を決めた松本山雅と、JFL残留を決めたソニー、最終戦で
災害復興記念試合ではあるが、お互いに大切な今期最後のリーグ戦。
(今日12日のJ理事会で正式にJ2昇格が決定するため、ほぼ昇格、ほぼ残留ですかね)

チーム内で金曜日に引退、退団選手の発表があり、この試合が仲間と出来る最後の試合でした。
そして最高の試合をすることができました。(本当にいいチームです。最終戦に強いソニー健在!)

今期を振り返ると3月11日に震災があり、誰もが生存の危機を感じて不安な日々を送りました。
会社も津波の被害に遭い、チームの活動以前に会社の復旧作業でサッカーどころではありませんでした。
2ヵ月間練習も出来ず、チーム存続の危機もささやかれた状況から、いろんな方々の支援をいただき
リーグ戦に後期から参戦することができました。

参戦できることの喜びが大きすぎて、その後に待ち構えていた困難は予想すら出来ませんでした。
11試合消化した他チームとのコンディションや、試合勘の違い、チームの仕上がり具合等々・・・。
特に、勝ち点差を埋めて行くには、我々は勝利しかなかった。

気持ちだけが先走り、焦ってはバランスを崩す試合が多々ありました。
ロスタイムで同点に追いつかれた試合も3試合ありました。

やっと慣れ始めたときには猛暑で体力を削がれるし、
雷で後半中止、台風で試合延期等、地震、雷、台風と自分たちでコントロールできない苦しい
期間が続きました。

10月には魔の7連戦(3週間で7試合)があり、その時が疲労がピークに達した時期でした。

しかし、そんな時期にも良いことはありました。
天皇杯でまたベガルタ仙台と戦うことが出来ました。

昨年と同一カードですが、今年の一戦は特別な思いの詰まった試合となりました。
延長の末、敗れはしましたが良い試合ができて良かったと思います。

試合数が少なくなるにつれ、自力残留の可能性が少なくなってきましたが、
それでも選手達は諦めることなく、前向きに頑張ってくれたと思います。

そして、残り2試合となった12月4日、奇跡が起こりました。
試合後、他会場の結果が映し出され、松本、町田が勝利し、長﨑が敗れたため
ほぼ両チームの4位以内が確定し、ソニーも残留を決めることができました。

サッカーの神様は、最後まで諦めずに戦い続けた我々を見捨てなかった、本当にホッとした瞬間でした。

向かえた最終戦の松本山雅戦。
今年初めて何の制限も受けず、自分達でコントロールが可能な試合で、
試合にのみ集中することができた。
開始早々からアグレッシブに動き、相手を圧倒する選手達。
今期、あんなに苦しんだことが嘘のようなハツラツとしたプレーを披露してくれました。

後半に入り、48分のセットプレーから9.純平が頭で合わせ先制点を奪う。(良い時間帯だった)
そして、59分には9.純平とのワンツーで抜け出した2.尚樹が相手に倒されPKをゲット。
キッカーは27.修平、これを落ち着いて決め2-0と引き離す。

その後は、終始ソニーのペースで進み、何度も決定機を作るが決め切れず、
やっとロスタイムにカウンターで8.進司からのパスを受けた19.麻生がゴールを決め3-0で快勝した。

今シーズンで退団する11.太郎、19.麻生、そして引退する8.進司、27.修平。
最後に素晴らしい試合で送り出すことが出来て本当に良かったです。

こんな経験は初めてのことだし、今後も起こることはないと思う。(起きないでほしい)
こんな経験をした我々は、チームとしても成長したし、個人としても成長し、人間力を深めることが
できた1年でした。

来季のソニー仙台FCの活躍を期待しててください。


サポーターの皆さんへ
勝てない時期も、全力で応援していただき本当にありがとうございました。
最後まで見捨てず、支えになっていただき心強かったです。
最高のサポーターに最高のお返しはチームの勝利しかないと思います。
チームも来季向け走り出します。
今期の悔しさをバネに飛躍すると思います。
引き続きチームを、選手を見守ってください。
本当にありがとうございました。


これが私の最後のブログとなりましたが、本当に4年間ありがとうございました。
山あり、谷ありの4年間でしたが、人生において貴重な経験をすることが出来ました。
良いチーム(スタッフ&関係者)と、良い選手と、良いサポーターに恵まれた充実した4年間でした。

そして、家族の支えも私の力となりました。ありがとう。

ソニー仙台FCはまだまだ良いチームになると思うので、見守り、支えてください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2011JFL 東日本大震災 災害復興支援試合(前期第2節併催) [監督から]

vs 佐川印刷SC

HOME最終戦の佐川印刷戦。
今シーズンは本当に辛く、厳しいシーズンでしたが、多くのサポーターの
声援によりここまでたどり着くことができました。
本当にありがとうございました。

今日の試合も絶対勝利してHOME最終戦を飾りたかったのですが、
決定的な場面でも決めきれず、後半に関しては今年の戦いぶりを象徴したかの
ようなさみしい内容でした。

相手というよりも自分たちで試合を壊してしまった感があります。

この部分はソニーの最大の課題の一つだと認識しています。


残留争いの件ですが、
他会場の結果により残留が決まるソニーですが、町田、松本が共に勝ち、
長崎が負けたため松本の4位以内が確定し、最終節で町田が勝つか引き分けで
4位以内が確定する。負けても長崎が大量得点で勝たないと得失点差を
ひっくり返すことができない状況です。


残留に向けた大きな希望の光が差し込んだ瞬間でした。
しかし、まだまだ確定した訳でもないし、サッカーは何が起こるか分からない
スポーツです。

来週の松本との最終戦に向け、しっかり準備をしたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。